豊田議員を見て、虐待を思い出す 2

豊田議員の騒動で素晴らしいと思った事もあります。

それは、今回の被害者である元秘書の行いです。

豊田議員の暴言をレコーダーに録音していた事、
そして、それをマスコミへ持って行った事です。

秘書を雇っては叩き潰し、
秘書をゴミのように扱い、
女王様気取りで調子に乗っていた豊田議員。
表面的には良い人なので、世間の評価も高かった豊田議員。
その元で働く人にとっては、
本当に恐怖の存在だったと思います。
それをここまで追い詰める事が出来たのは、
この元秘書の勇気にこそあると思います。

 
「あなたの所の秘書が、こんな物を持って来たよ」
と言い、
秘書のICレコーダーを豊田議員に渡してしまうような
マスコミ関係者がいた危険性もある訳ですから、
やはり勇気があったと思います。


 世間からの絶大な評価を受ける人
それを討つのは本当に大変だと思います。
しかし、
元秘書は豊田議員を討ち、それを実現させた。

子供の虐待問題に照らし合わせた時、
暴力や暴言の親を討つのに、同じ方法を使えるだろうか?
つまり、
録音や録画で親の暴力や暴言を残す事。
そして、それを元に親を討つ。
考えてみると・・・
う~ん、やっぱり難しいように思う。

録音や録画も無い、
しかも訴えられるのは、
親に対抗出来る年齢になってから、
しかも後遺症を抱えた不安定な状態。
虐待問題の解決は、
やはり一筋縄にはいかないと思う。

でも、
今回の豊田議員の騒動を見て思った事は、
『真実が伝われば、世間も味方する』
と言う事だった。

『虐待の真実』 を伝える事。
それが一番大事だと思えた。

『新編 日本一醜い親への手紙』
にも虐待の真実が詰まっていると思います。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

豊田議員を見て、虐待を思い出す

最近TVを賑わす豊田議員。
TVを見て、久しぶりに怒りを覚えた。

車という密室、
秘書と議員という上下関係のある2人、
豊田議員は「地獄へ堕ちろ」ぐらいのテンションで
秘書を罵倒した。

秘書なんて奴隷、
秘書なんて無能、
秘書なんてストレスの吐け口、
秘書なんてサンドバッグ、
秘書のお前が地獄に落ちたって私は大丈夫・・・

豊田議員は、そんな心境だったのだろうか?
それにしても、
ICレコーダーで記録した秘書の方は良くやったと思います。
録音が無ければ、逃げられ無罪放免だったのですから。



あのヒステリックな態度、
八つ当たり、
キチガイじみた暴言、
抑え切れぬ暴力・・・

あれを見ると、
僕の母を思い出す。
人前では良い顔をし、
密室に入ると豹変する。
そんな所が良く似てる。


豊田議員には子供がいるようですが、
その子供の心の状態が凄く気になります。
それは今回の報道による悪影響の事ではありません。
その子供達に対する、0歳~現在までの躾が気になるのです。
暴力や暴言による虐待は無かったか?
その悪しきトラウマとして、
おとなしい子供ではないか?
コミュ障になってないか?


『子供への虐待は絶対にやめて!』
僕が豊田議員に一番にお願いしたい事です。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

「虐待」 のドラマや映画

「虐待」 関係のドラマや映画はちょくちょくありますね。

そうしたドラマや映画があると、僕としては期待してしまいます。

それらの多くで、
「虐待」らしい、衝撃的な暴力シーンなどがクローズアップされます。
でも、ただそれだけです。

「虐待」を受けた子供が大人になった時、
どうなるのか?
「虐待」の精神的な影響は?

そんな虐待後遺症を捉えたドラマや映画が本当は必要ではないのか?
と思ってしまいます。

「日本一醜い親への手紙」
も真実を知るには良い本だと思います。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

車庫に戻るのが怖い (タクシードライバーとして)

①出発準備
②朝から深夜まで営業
③車庫で洗車
④事務所で納金業務

タクシードライバーの一日の流れは大体こんな感じです。
求人雑誌に書かれている勤務時間は②の事だけなので、
実際に勤務すると、①③④がプラスされ、
「求人雑誌と違う・・・」
と思ったりします。

ただ、今回は別の問題で、僕が悩んでいる事があります。
②の営業が終わり、③の車庫へ向かう時の事です。
僕の精神状態は非常に悪いです。
「うわっ、またあの車庫で洗車するんだ・・・」
と思うと、凄く辛い気持ちになります。
洗車自体が嫌いな訳ではありません。
車庫の中での雑談会が辛いのです。

「今日は○○なお客様がいて」
「売り上げが○○円だった」
「同期の○○さんは、変な運転をする」
「最近、血圧が高くて」
「今度、友達と釣りに行くんだけど」
・・・など雑談をしながら洗車をします。

自分自身がタクシードライバーになって思うのは、
タクシードライバーは喋り好きが多いという事です。
「タクシードライバーは一人好きが多い」
と認識していた僕にとってはキツイです。

 一般に、
タクシードライバーにとって洗車場は社交場だったりします。
しかし、
僕にとって洗車場は、孤立症の自覚を深める場所です。

最後のお客様に降車して頂き、
「ありがとうございました。またよろしくお願いします」
と告げた直後、
「ああ、洗車場へ行かなきゃ」
と今日もまた決意するのです。

孤立する時間が始まる・・・
そんな事を感じながら。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

「TVの楽しい世界」 と 「ネットの苦しい世界」


 僕はTVも見るし、インターネットも良く見る。

家に居る時はTVは点けっぱなしだし、
PCも大抵は点けっぱなしだ。

「この番組が見たい」と言う事でなくても、TVは取り敢えず点けるし、
「このサイトを見よう」と決めないままに、PCを点けてしまう。

TVを見てると、
お笑い芸人が饒舌に面白おかしく日常の事を喋っている。
俳優や女優、シンガーやプロスポーツ選手なんかも、
楽しげに喋って番組を盛り上げている。
TVはやはり、楽しい世界が中心に構成されていると思う。

ネットを見る時、
まず最初にYahoo!などの検索エンジンからキーワードの入力をする。
そこからすべてが始まる。
僕の場合は、
コミュニケーションに苦しんでいる人や事柄を検索する事が多い。
よって、僕の場合は、ネットでは苦しい世界を見る事が多い。

TVでは局のプロが構成した内容を見て、
ネットでは素人の投稿した内容を見る。
そんな事が多い。

TVでは悪ふざけがあるにせよ、
立派な人達ばかりが登場している。
お笑い芸人だったり、悪そうな俳優だったり、
だけど、結局は立派な人達だ。
特にコミュニケーションについては立派だ。

ネットでは、
本当に落ちこぼれた人の思いがある。
結局は立派・・・なんてことは無い。
本当に苦しんでいる人達がいる。

TVには隠された部分が多い。
ネットには本当の事が多い。

プロで立派な大人達が作り上げたTVの世界、
素人で落ちこぼれも参加しているネットの世界、
この二つの世界は結構違うなあと思う。


ここで、
人間の内面について焦点を当てるなら・・・
TVは心の表面止まり、
ネットでは心の奥まで知れると思う。
この事については、
ネットの方がTVを遥かに上回る。
つまりは素人がプロを凌駕する。
年収1000万円プレイヤーがゴロゴロするTVの猛者達、
そんな彼等をネットの素人が上回る。
そんな事が実際にあると感じている。


これまで書いたように、
ネットの中から、
人間の本当の苦しみを知る事が出来る。
今はそんな時代。
素人であっても、世に影響を与える事が出来る。

「本当に苦しんでいる人を救えるのは当事者しかいない」
「当事者のあなたには、それだけの資格がある」
だから、
本当の苦しみを知る者は、ネットで書いて欲しい。
そんな風に思います。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
プロフィール

ナギヒロ

Author:ナギヒロ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア