『虐待』 それは親が絶対にしてはいけない事

今回に書いた記事は、僕の個人的な仮説です。
仮説ではありますが、人によっては傷付くかもしれません。
メンタル的に弱っている方は読まない方が良いかもしれません。
自己責任にてお願いします。

記事は下にあります。













『虐待』
を受けて育った子は、必ず不幸になる。

残念ながら、それは本当の事だと思います。

だからこそ、親は子に対して『虐待』をしてはいけない。
そう思います。


親から虐待を受けると、ビクビクと怯えた子になる

学校でイジメの標的にされる。
教師もビクビクした子を嫌う。
部活でも万年補欠となる。(ムードメーカー優先なので)

ビクビクした子は、就職活動でも面接で落ちまくる。

会社に入社後、ビクビクしてるから孤立する。
コミュニケーション障害で、知っておくべき情報を知らない。
仕事の出来ない人となる。

転職、無職の繰り返し

「コミュニケーション障害」、「親嫌い」なので、周りに人が寄り付かない。

経済的困窮状態、友人なし、親とは不仲

「おとなしい人」
「近所付き合いのない人」
「何か変な人」
・・・など、嫌な印象を近隣住民に持たれる。

まともな人間生活が送れない為、
「自殺」、「犯罪者」
という所に至る。


その時、その時で常に苦しみに包まれた生活を送るが、
『虐待』から発生する悩みは周りに相談出来ない事が多い。
相談した所で、「そんな情けない事で悩んでるの?」
と言われてしまう事もある。
そうすれば当事者の心の中には、
救われないと言う「絶望感」「無力感」もしくは
攻撃的な感情として「怒り」「憎しみ」が湧いてしまう。


社会の中では、
身体的な病気のある子、貧乏育ち、片親育ち・・・
などが子供の不幸であると捉えられている。
ただ僕はそれだけではないと思う。

「自殺」「犯罪者」へと辿り着いてしまう。
そんな最悪な事ってあるのだろうか?
幼少期の『虐待』にはそれほどの影響力がある。

親になった人にお願いしたい。
教育、習い事、貧乏・・・
そんな事はどうでもいいから、
『虐待は絶対にやめて下さい』
僕の切なる願いです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

藤原竜也さんの『リバース』2話

「藤原竜也さんが出る」
ただそれだけで、
僕はそれを注目すべき映画でありドラマである
と思ってしまいます。

それほどに、
藤原竜也さんが演じる人物には魅力があります。
以前僕のブログで「海底の君へ」を紹介しましたが、
この時にもそう感じました。

今現在、
『リバース』というドラマが放送されています。
原作:湊かなえ
主演:藤原竜也

その第2話の冒頭での藤原竜也さんのセリフが
凄く良かったので、ここで紹介します。

藤原竜也:
「人間の質は友達の数で決まる」
「誰に言われた訳でもないのに、そう思い込んでいた」
「どれだけの人間から好かれているか、
信頼されているか、
周りから羨望の眼差しで見られるような友達に
囲まれている事に価値がある」
「広沢と出会うまで、
俺を取り囲んでくれるような友達はいなかった」
「それは、この世で最も恥ずべき事。そう思ってた・・・」

↑上記のセリフを冒頭から藤原竜也さんが言われたのです。
このセリフを聞いただけで、
「ハッ」と意識が鮮明になり、
俊逸な内容だと感じました。

ただ、
この僕が俊逸だと感じた内容なので、
普通の人は「暗い」と感じたはず。
なので、
チャンネルを変えた人も
多数いたと考えられます。

兎にも角にも、
主演:藤原竜也
『リバース』
今後も期待します。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

過去に戻れるなら・・・

「あの時に戻りたい」
って思う事はありますか?

今の思考をそのまま残して、
自分の決めた年齢に戻れるならば・・・
そんな事をたまに考えます。


「楽しかった青春時代に戻りたい」
「若くてチヤホヤされた新社会人の頃に」
「あの子に告白してれば・・・、だからあの頃に」
「あの事件に遭遇する前に戻りたい」
「あいつに会う前に・・・」
みなさんはそんな感じでしょうか?


僕自身を考えてみると、
「もっと仕事を頑張っておけば良かった」
「もっと勉強を頑張れば良かった」
「もっと運動を頑張れば良かった」
「もっと話し掛けておけば良かった」
などの後悔はありません。
なので、
「新社会人に戻りたい」とか、
「学生時代に戻りたい」とか、
あまりないです。

新社会人や学生時代に戻っても、
手遅れだと思っています。


僕の苦しみの最大のものは、
人間が怖い事。
つまりは、対人恐怖症です。

対人恐怖症であるが故に、
あらゆる会社で、
あらゆる学校で、
道場で、
部活で、
バイトで、
親戚で、
近所で、
合コンで、
恋愛で、
金銭のやりとりで、
欲しい物の取り合いで、
悲惨な思いをしました。

だから僕は戻りたいのです。
対人恐怖症になる前に。
僕の人懐っこさが剥奪される前に。

とにかく幼い頃に戻りたい。
0歳だと自力で歩けない。
1~2歳でも逃走は無理かも。
3歳ならば可能だろうか。

だから・・・
僕は3歳頃に戻りたい。
そして、あの父親と母親から逃走したい。
身を持って人間の怖さを教えてくれたのは父と母だった。

3歳頃に戻ったら、
僕は死ぬ気で逃走したい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

タクシーのお客様---3ケース

 数日前、
タクシーで流し営業をしていると、
あるパチンコ屋の前で手が挙がった。

50代位の女性で、
タクシーに乗車するとすぐに、
「ここのパチンコ屋はダメだ。次に行くわ」
と言われた。

女性: 「じゃあ、キング行って」
僕: 「キング・・・ですか?申し訳ありませんが、
    キングまでの道を教えて頂けますでしょうか?」
女性: 「はあ?あんた、運転手でしょ」
僕: 「はい。申し訳ありませんが、私の勉強不足で、
    キングというのが分かってなくて・・・」
女性: 「パチンコのキング!! 常識でしょ!」
僕: 「すぐに地図で調べますので・・・」
    と言って、慌てて僕が地図を手に取ると、
女性: 「何をしてんの!今急いでるの、早く行って!」
    と厳しい口調になられた為、
    曖昧な状態で発進した。

結局、
その女性にパチンコのキングまでの道を教えて頂き、
たどり着く事が出来た。
「タクシーの運転手なのにさあ、道も知らないで、
よく仕事が出来るわね」
という女性の言葉が僕の胸に突き刺さった。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

タクシーのお客様---2ケース

 ある日の正午、
タクシー無線が鳴り、無線を取ると、
指定された場所はお好み焼屋の前だった。

 店の前へ到着すると、
気の良さそうな60代位の年配の男性が待っていた。

60代男性: 「おう、ここに車を着けてくれ」
僕: 「はい。分かりました」
60代男性: 「すぐに若いの2人も来るから」
僕: 「はい。承知しました」
と言って待っているとすぐに2人が店から出てきた。

見た目からして、その2人は40代位で、
2人の内の一人は、
100kgを超えるような体格の良い男性で、
グレーのジャケットに、ゴツイ金のネックレスをしていた。
もう一人は、
サングラスをした強面の男性だった。

金ネックレス男性とサングラス男性は、
「お待たせしてすみません。組長」
と60代男性に謝っていた。
それを聞いた僕は、
「あれ?もしかして・・・その筋の人ですか?」
と心の中で呟いた。

後部座席奥に組長、
その隣ににサングラス、
助手席に金ネックレス、
という状態になった。
金ネックレス: 「じゃあよお、○○の甘栗屋まで行ってくれ」
僕: 「申し訳ありませんが、
    私の勉強不足で○○の甘栗屋が分からないのですが、
    道を教えて頂けますか?」
金ネックレス: 「ああ?何でそんな事も知らんのや」
組長: 「まあいい。俺が教えるから」
僕: 「申し訳ありませんが、お願いします。
    それでは発進させて頂きます」
   そうして発進した。

組長: 「とにかくこの道を真っ直ぐ行けば良いだけだ」 
僕: 「はい。分かりました」
   僕は簡単な道だと知ってホッとした。

ただしばらくすると、進入禁止の標識があり、
真っ直ぐ進めない状態となった。
僕: 「今、前方に進入禁止の標識がありますが、
   どうしましょうか?」
金ネックレス: 「そんなもん関係ないやろ、行けや!」 
僕: 「えっ?いや、それは無理です」
金ネックレス: 「ああ、お前、俺を怒らせるのか?」
僕: 「いえ、そんなつもりはありませんが、
    法令違反となりますので」
金ネックレス: 「こいつどうします。組長?」
組長: 「まあいい。左に曲がって行けば」
僕: 「はい。分かりました」
   と言い、安堵した気持ちで左へ曲がった。
 
ところが左へ曲がると、道に迷ってしまった。
僕: 「申し訳ありませんが、どう行きましょうか?」
金ネックレス: 「おい。お前変な道行ったら分かっとるやろな。
          指一本へし折る程度じゃすまさんぞ!」
僕: 「はい。何とか戻ります」
  と言いながら、冷汗が止まらなかった。          

金ネックレス: 「チャカ知っとんのか?懐に入っとるからな」
         そう言いながら、懐に手を忍ばせ、
         運転している僕の肩をグイッと掴んだ。
サングラス: 「おい。もう止めとけ」
組長: 「あとはこの道を行けば大丈夫だ」

サングラスと組長のフォローで、
後は安心して運転出来ると思った。

 しかし、今度は前方を走る車がゆっくり運転だった時、
助手席の金ネックレスは、隣から僕のハンドルに手を伸ばし、
クラクションを思いっきり鳴らしながら、
金ネックレス: 「どかんか、ボケが!!」
         と怒鳴り散らした。
僕: 「いや、危ないですよ」
金ネックレス: 「はよ行けや!」
僕: 「はい。なるべく早く行きます」
 

 こうして色々ありながらも、○○甘栗屋へ到着した。
僕: 「料金は1,500円になります」
金ネックレス: 「なんや、ボッタくっとんのか?」
僕: 「いえ、そんなつもりはありません」
金ネックレス: 「まあいい。そんじゃ頑張れや。釣りはいいからな」
         と言って2,000円を置いて行かれた。


   
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
プロフィール

ナギヒロ

Author:ナギヒロ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア