『私たちの就活---吃音とともに生きる』 を見て

10月4日(水)にNHKのハートネットという番組において、
『私たちの就活---吃音とともに生きる』
が放送されていました。

 僕自身は吃音ではないかもしれませんが、
コミュニケーションの悩みという事で、
色々と思う事があったので、番組を見させて頂きました。

 番組は、
コミュニケーション能力が最も求められる就活生に焦点を当てて
構成されていました。

 主に登場するのは2人の就活生で、
溝口さん(男性)、遠藤さん(女性)でした。


 吃音の当事者である溝口さん(男性)は、
吃音で色々な悩みを抱えてました。
父親からは、
「精神的に強くなってもらいたい」
とアドバイスされ、
吃音サポートグループでは、
「場数をこなせば心も強くなるし、
その姿勢だけくずさなければ、
変われるんじゃないかなと思う」
という他の当事者からのアドバイスを
聞いたりしていました。
これらのアドバイスは僕個人としては「?」でしたが。

 面接の直前、溝口さんがカラオケ店で歌っていました。
喉を開いて、少しでも喋りやすくするという
必死な思いを感じました。

 それでも、溝口さんは何社も落ちていました。
「ある程度吃音は治ったのかもしれないけれど、
社会では通用しない」
とも取れる会社からの不採用メールもありました。
溝口さんは大変落ち込んでいました。
そして、
しばらく就活も辞めてしまいました・・・



 吃音ラジオを立ち上げた遠藤さん(女性)も当事者の1人。
「吃音ラジオでは、自分の本来の喋り方でも喋っていい」
そんな思いがあるそうです。
吃音ラジオのスタッフは全員吃音があるそうです。

 遠藤さんは、就活において吃音を隠してました。
履歴書にも書かなかったようです。
「就活において、吃音は不利に働く」と考えたようでした。

 遠藤さんは、就活の面接で何社も落ちていました。
しかし、その後に新たな試みがありました。
遠藤さんの履歴書に、
自身が吃音症だとカミングアウトされていました。
遠藤さんが就活で辿り着いた答えでした。



再び溝口さんの話になります。
しばらく振りに受けた会社から、
「喋るのが不得意であれば、
プログラマーとしていろんな言語を覚えたり、
みたいな配慮はする」
と会社側から言ってもらえたそうです。
その会社について話す溝口さんの表情が良かったです。
そして、
「吃音を話さないとなると
自分じゃなくなるみたいな違和感はありますね」
と溝口さんは言われていました。

番組の最後は、
ナレーターの次のような言葉で締められました。
「溝口さんはずっと吃音のある自分を
受け止められませんでした。
しかし、
就活を通して吃音とともに生きて行く一歩を踏み出しました」




 僕がこの番組を見て感じた事は、
溝口さん、遠藤さんの2人ともに、
「吃音を治す」のではなく、
「吃音をカミングアウト」する事で
突破口を見出したと言う事でした。 
 これは、
他の心の問題の多くにおいても
共通する事ではないかと
僕個人として思いました。


再放送は、
2017年10月11日(水)の
午後1時05分~午後1時34分のようなので、
気になる方は見て下さい。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

「豊田議員の謝罪会見」  ナギヒロの視点

元政策秘書への「このハゲーっ」などの暴言と暴行騒動で、
自民党を離党した豊田真由子衆院議員。

 昨日、その謝罪会見が行われていました。


暴言・暴行騒動から約3ヶ月経過後の会見
←ほとぼりが冷めたと思える今頃にようやく登場しましたね。

黒いスーツを着て、眉毛を変えて、
髪の色は黒く染めての外見のイメチェン。
←外見で反省を示そうというパフォーマンスを感じました。

元秘書男性への暴言について豊田議員は
「音声をきくたびに呆然として、
どうしてこんなことを言っちゃったんだろう」
と発言されていました。
←とぼけた発言をするなあ・・・としか感じませんでした。

暴行について豊田議員は、
大怪我をさせたということは決してない、
私は大柄でもない非力な女、けんかをしたこともないと話している。
←「大怪我をさせてない」という発言を繰り返す事で、
  「暴行がなかった」という流れを作るつもりなのか?
  「大怪我はなかっただろうけど、暴行はあったでしょ?」
  と追及したい所です。

「このハゲー!」と暴言を吐いたことについて豊田議員は、
「うちの夫も頭髪が薄いというところはありまして、
 でも私はそういう夫が好き」
など述べた。
←旦那を利用して、自分の暴言をごまかすとは・・・、絶句ですね。
 あの音声における「このハゲー!」という怒声には、
 これっぽっちの愛情もありませんでした。


 会見全体の印象として、反省はしてなかったですね。
被害を受けた秘書への謝罪が一番大切だと思うのですが、
むしろ、
「私がした暴言や暴行はたいした事ない」
と言う事に力が注がれていた印象です。
被害を受けた秘書側からすれば、
苛立ちすら感じる会見だったように思います。

豊田議員はこの3ヶ月を、
上記のような事を考えて過ごしたのでしょうね。

 イジメや虐待の加害者も、いつもこんなものです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

豊田議員に対する矢沢永吉さんの考えを聞いて

今日は休日でしたので、昼にバイキングという番組を観てました。
そこで、豊田議員についての話題となり、
以下のように矢沢永吉さんの意見も紹介されていました。 

「元秘書の方が“すいません。叩くのは”
って弱々しい声で言っている場面あるでしょ。
豊田議員の言動は丸っきりダメだし、擁護する気なんてサラサラないよ。
でもね、大の男がこっそりテープ回しながら弱々しいことだけ言って、
怒りまくっている女性の声をしっかり隠しどりしているんでしょ。
確かに悪いのは豊田議員だよ。
でも気持ちの“悪い”社会になってきたなって思う。
だって十分な証拠取ったんだから“
悩みましたが、どうしても許せなかった”と言って、
顔を出して堂々と告発するべきだったんじゃないかな。
こういう風潮が広がっていることの方が心配だね」



ここからは僕の意見になります。


矢沢さんにはこの秘書の気持ちが分からないんだろうなあと思いました。
矢沢さんは「男らしさ」を売りにしているのでしょう。
だけど、
この状況下で元秘書に対して男らしさを押し付ける事が、
どれだけ酷な事なのか考えて欲しかったです。
 
「大の男がこっそり」なんて言い回しをわざわざして、
元秘書を姑息な人物のように表現する辺りが矢沢さんのテクニックだろうけど、
僕としては気分が悪かったです。

「気持ちの“悪い”社会になってきたなって思う。」
と述べられているけど、
この言い方をされてしまった秘書がどれだけショックを受けている事か・・・
僕の方こそ気持ちが悪くなりました。

 現在の僕の仕事であるタクシーにもドライブレコーダーと社内カメラがあります。
これにより、以前ならば証拠の残らなかった場面において、
確実な証拠が残るようになりました。
 昔ならば強者が揉消して終了だったケースでも、
現在は動画などで証拠が残ります。
加害者を逃がしません。

もちろん、
他人の家に盗聴器や盗撮を仕掛けるような事は
最悪の事だし、絶対にしてはいけない事です。
それこそ”気持ちの悪い”事です。
でも、
今回の豊田議員の元秘書を気持ち悪いと表現してしまう事はオカシイと思います。
豊田議員がどれほど強大な力を持っていたのか?
議員の秘書がどれほど立場が悪いのか?
豊田議員を擁護する人も見たでしょう?
あと一歩タイミングが狂えば、この音声は揉消しの可能性もあったはずです。
今回は幸運にもマスコミに取り上げられ社会に音声が出たのです。

豊田議員は誰も見ていない車の中で、
圧倒的に立場の低い秘書に理不尽な暴言と暴行を加えたのです。
これこそが姑息な悪です。
こうした姑息な悪を討つ為に、
この元秘書は立派に戦ったと思います。
僕はそう思います。

 




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

映画『僕だけがいない街』 を見て

 登場人物の女の子がある作文を書いていました。

『今よりもっと大きくなって、一人でどこへでも行けるようになったら
遠い国に行ってみたい。遠い島に行ってみたい
誰もいない島に行ってみたい
つらいことも悲しいこともない島に行ってみたい
島には大人も子供もクラスメートも先生もお母さんもいない』

この女の子は映画の中で親から酷い虐待を受けていました。
クラスメートからも孤立していました。
この作文を読んで、
女の子の苦悩を理解できる人がどれだけいるのだろうか?
そんな事を思いました。

僕も子供の頃は無人島に憧れてたなあ・・・
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

藤原竜也さんの『リバース』2話

「藤原竜也さんが出る」
ただそれだけで、
僕はそれを注目すべき映画でありドラマである
と思ってしまいます。

それほどに、
藤原竜也さんが演じる人物には魅力があります。
以前僕のブログで「海底の君へ」を紹介しましたが、
この時にもそう感じました。

今現在、
『リバース』というドラマが放送されています。
原作:湊かなえ
主演:藤原竜也

その第2話の冒頭での藤原竜也さんのセリフが
凄く良かったので、ここで紹介します。

藤原竜也:
「人間の質は友達の数で決まる」
「誰に言われた訳でもないのに、そう思い込んでいた」
「どれだけの人間から好かれているか、
信頼されているか、
周りから羨望の眼差しで見られるような友達に
囲まれている事に価値がある」
「広沢と出会うまで、
俺を取り囲んでくれるような友達はいなかった」
「それは、この世で最も恥ずべき事。そう思ってた・・・」

↑上記のセリフを冒頭から藤原竜也さんが言われたのです。
このセリフを聞いただけで、
「ハッ」と意識が鮮明になり、
俊逸な内容だと感じました。

ただ、
この僕が俊逸だと感じた内容なので、
普通の人は「暗い」と感じたはず。
なので、
チャンネルを変えた人も
多数いたと考えられます。

兎にも角にも、
主演:藤原竜也
『リバース』
今後も期待します。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
プロフィール

ナギヒロ

Author:ナギヒロ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア