ひきこもる生活へ

 僕は今、家の中でジーッと過ごす日々を送っています。

 無職であるし、ランニングも出来ないので、静かな日々です。
友人と連絡をとる事もありません。

(俺って何だろう?生きる価値はあるのだろうか?)
と思います。



 2014年12月末で会社を辞めました。
その会社では約4年働きました。
しかし、年収200万円台でした。
給料が安過ぎるので退職しました。

 2015年1月6日から新たな会社で働き始めました。
社長の話では、年収は400万円超えるはずだったので、
「低所得者のレッテルを剥がすんだ」
と希望を持って働きました。

 上司Hの新人イジメが待っていました。
追い込まれる日々の中で、
鉄材料で指を詰めました。
我慢の限界で退職しました。

病院に行ったら、骨折してました。
指の先端の骨がバラバラな感じでした。

無職で骨折という状態。
しばらく運動は厳禁。

僕の趣味はランニングだけど、
申し込んでいたマラソン大会を全て棄権。
特に2月8日はモリコロパークで42.195kmのはずでした。
今シーズンで一番重要な日でした。


・親と憎しみ合い。
・友人がいない。
・無職である。
・家賃は?年金は払える?ガス代、水道代・・・
 来月分が払えるのか?
・まだ確定してない労災は、
  どういう結果になるのか?
・働くべきだが、骨折してる。
・体力も劇的に落ちてる。

 2015年早々から、ここまで堕ちるとは思わなかった。
「なぜ?こんなことに?」
つぶやく日々です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ひきこもり生活

 今日は引きこもりだった頃の事を書こうと思います。

 自分にとっては負の部分ですが、こういった事も記憶の
ある内に記録に残したいと思い書きました。 

 大学を卒業し、就職はしたものの上手く行かず、
そこから実家に帰り、一年近く引きこもりの生活をした事が
ありました。

 実家に帰った最初の頃は、仕事を探していたが、
なかなか決まらず、また親との軋轢などもあり、
何もかもが嫌になり、引きこもり生活が始まった。

  寝る時間も最初は夜12時頃だったのが、
2時、3時、4時と次第に遅くなり、
最終的には朝6時頃から寝る生活になっていた。
朝6時から昼2時位まで寝るのが普通だった。
その後また夕方に寝る事も多かった。
 
 このような生活リズムに落ち着いたのは、
親と顔を合わせるのが嫌だったからだと思う。
 また、普通に働いたり学校に行ってる人達の様子を
感じ取るのが嫌だったのもあると思う。

 この時期はとにかく人の活動時間に起きているのが
嫌だった。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
プロフィール

ナギヒロ

Author:ナギヒロ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア