FC2ブログ

ボクシングの山根会長とかがスポーツの世界でトップなのだから



最近、
ボクシングの山根明会長がワイドショーを賑わせていますね。
傲慢なやり方が指摘されているようです。

山根会長の気持ちひとつで選手が決まってしまうようです。
山根会長の気に入った選手が勝つように仕組むようです。

でも僕は、スポーツ界はそういうものだと思っていました。
上にいる人の気分次第でレギュラーとか出場出来る選手が
決まってしまうのだと思ってました。

女子レスリングの栄和人監督だって、
日大アメフト部の内田正人監督だって、
自分の好き嫌いで選手を決めていたと思います。

 僕は極真空手を習っていた時期があります。
ある日、出場選手募集のポスターを見て、
さっそく師範代にお願いに行きました。
僕:「あの、今度の試合に出してもらえませんか?」
師範:「選手は募集しているが、君が出るのか?」
僕:「はい。出たいです」
師範:「今まで君の道場内での振る舞いを見て来たけど、
    君は周りと上手くやれてないな」
僕:「・・・」
師範:「周りと上手くやれない奴は試合に出さん!
    君が試合に出たって誰も応援せんだろ!
    まずは周りに仲間を作ってからだ、試合は!」
 その後も僕は師範から30分近くも説教され、
僕は試合に出る事は出来なかった。
そして、その日以降、
僕は道場へ行くと仲間作りに神経をすり減らし、
精神がやられてしまい、空手を辞める事になった。

 空手を辞めてから数年後、
僕はキックボクシングを習い始めた。
習って一年経過した頃、
ジムのコーチから
「コミュニケーションだぞ、一番大切なのは!」
「1人で黙々とやってたって何にもならないぞ!」
「コミュニケーションも取れない奴と一緒に試合会場まで行きたくない」
などの発言を受け、
僕はキックボクシングを辞めた。


 今回の記事で僕が言いたいのは、
スポーツというのは、
監督とかコーチとか師範という上の人が
気に入った者だけが選手やレギュラーになれると言う事だ。
そして更に言いたいのは、
こうした事において犠牲になるのは、
コミュニケーション下手とか孤立しやすい人だと言う事。
喋り上手な人は、やはりレギュラーになりやすい。
  
あまり理解されないかもしれないが、
「お前には仲間がいないから」
「コミュニケーション能力が低いから」
「いつも1人でいるから」
「雰囲気が暗いから」
・・・などの理由で、
レギュラーや選手から外されるのは、
悔しいなんてものじゃない。
もう、気が狂いそうなほどの屈辱だ。

 僕としてスポーツ界に求めたいのは、
上の者の好き嫌いで選手を決めるのではなく、
もっときちんとした基準の元で選手を決めて欲しいという事です。

ボクシングの山根明会長、
女子レスリングの栄和人監督、
日大アメフト部の内田正人監督、
そうした人が今まで選手を決めて来たのですから・・・




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2018年3月の『sasuke』を見て

 昔からsasukeを見てた。

 山田勝己さんが憧れだった。
人を引き付ける魅力があった。

 プロスポーツマンでもない人が、
鋼の肉体を持ち、凄い身体能力を持っていた。
ただ、
それ以上に僕を魅了したのは、
不器用な雑草のような魂だった。

 鉄工所アルバイトという肩書を持つ山田勝己さんを見て、
「馬鹿な人だな・・・」
とつぶやきながらも、
心が震えるような思いで山田勝己さんをTVで応援していた。

 sasukeは孤独な人でも戦える場所だと思っていた。
(僕の勝手な思い込みだったかもしれないが・・・)
だからこそ僕はsasukeのオーディションにも参加した事があった。
詳しくは→サスケ予選会まで

 ただ、最近のsasukeを見ると、
「仲間がいなけりゃ参加出来ない」
と感じてしまう。
sasukeセットを自作した人の家に集まり、
皆で練習をする。
sasuke当日も、コースを進む選手の横で、
一緒に進んで応援する仲間の姿が放送される。
そうした仲間との絆がsasukeのテーマになりつつあると感じる。

 僕にとってsasukeは、
「身体能力の高い人を見たい」
では無かった。
「雑草のような人が必死に頑張る姿を見たい」
というのが僕の思いだった。

 周りとコミュニケーションを上手く取って、
リーダーとなる人物を見たい訳では無かった。
「社会の適応性はどうなのか?」
とも思える人が成り上がる事に希望を持った。

 sasukeを観て熱狂出来なくなった。
僕のような人間には仕方ない事なのだろうか。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

マラソン大会に参加する事は、僕には幸せな時間だった・・・そんな気がしています。



「人とまともに付き合えない」
よくそんな事を考えます。
「これで生きて行けるのだろうか?」
と不安になる事が多いです。

思い返してみると、
周りが楽しそうに過ごし、
自分だけが孤立している時が一番辛かったです。
差を見せつけられている感じになります。
自分は無力なんだと痛感します。
普通の生活では、コミュニケーションがメインなので、
そうした悩みを抱える事が多いです。

ただ裏を返すと、
自分も辛いけど、周りも辛そうだと感じた時は、
僕にとっては幸せだったのかもしれません。
「自分だけじゃないんだ・・・」
と、そんな風に思えたから。
ある意味で、マラソン大会に参加してた頃は、
そんな感覚になりました。
「僕もキツイけど、隣のランナーも辛そうだ・・・」
自分の辛さと周りの辛さが一致する、
僕にとっては極めて稀な機会だったのかもしれません。

今さらにはなるけれど、
僕の参加したマラソン大会で、
隣ですれ違った名も知らぬランナーには感謝したいです。
そして何よりも、
そんなマラソン大会に何度も一緒に参加してくれ、
また、一緒に公園で練習もしてくれた
元ひきこもりのKには多大な感謝の意を感じています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

野球は中止となりました


本日開催予定だった野球、
雨天の為に中止となりました。

「会社での親睦を込めたイベントでしたが、
無くなってしまい残念です」
というのが社内の他の人の意見です。

「ワイワイ騒ぐのが好きな人の為のイベント」
というのが僕の認識なので、
中止となった今はホッとしています。

 ただ、
今後も社内イベントがあるのだろうな・・・
と思うと、不安になります。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

明後日は、会社で野球するみたいです

今のタクシー会社は、
入社前に思っていたよりも、
イベントが多いです。

社員旅行、飲み会、そしてスポーツ・・・

明後日には野球をするようです。
運動は嫌いでは無いです。
やや膝は気になりますが。
ただ、
人と長時間一緒にいるのが嫌です。

集合場所での雑談、
準備での雑談、
練習や試合の合い間の雑談、
片づけでの雑談、
試合後の食事会での雑談
・・・
ああ、想像しただけで目まいがします。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
プロフィール

ナギヒロ

Author:ナギヒロ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア