圧倒的な孤立症

正直な所、
生きる事が嫌になる事がしばしばあります。

やっぱり、
集団の中で自分だけが孤立すると、
相当に苦しくなります。

100人の集団がいて、
全員がバラバラに過ごしていると気にならないです。
ただ、
99人がそれぞれグループになっていて、
自分だけが1人となると話は違ってきます。
「自分以外は全て敵」
という思いに捕らわれます。

 僕は今、派遣会社で働いていて、
ちょうどそんな状況下にいます。

 「あの人も自分と同じ」
と思っていた人も、
良く見ると仲間がいたりします。


「ああ、僕の孤立ぶりはけた違いだなあ・・・」
と我ながら呆れたりします。
圧倒的な孤立症である事を自覚させられます。

 でも、
同じように苦しみながらも生きている人がいる事を
僕は知っているから、
僕は死ねないなあ・・・と思います。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コミュニケーション能力に思う・・・


暴力で上下を決めるのは間違いだ。
学歴で上下を決めるのは間違いだ。
そうして辿り着いた結論が、
コミュニケーション能力で上下を決めるのは正解だ。


本物が生き残る時代。
実力主義の時代。
まさに、コミュニケーション能力絶対の時代。


コミュニケーションの取れる人間は採用だ。
コミュニケーションの取れない人間は不採用だ。
それが正しい評価基準。



コミュニケーション、
コミュニケーション、
コミュニケーション・・・
何だか疲れたなあ・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

昨日、ある「語り合い」に参加して

昨日、
ひきこもり、精神障害、対人恐怖症
などで悩む人の
集いに参加しました。

以前にも参加した事があるのですが、
昨日は僕はなかなか発言が出来ませんでした。

「どこの病院が良い?」
「どの薬が効く?」
と言ったテーマが入り込めなかった理由でもありますが、
人の輪に入るのって、やっぱり難しいなあと思いました。

 でも、行ける時には、
こうした自助グループに参加しようと思っています。
AC(アダルトチルドレン)のグループも考えたりします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

「ある記事を読み、こんなアドバイスは嫌だ」と思った。


相談者:
「人付き合いが上手く行かなくて悩んでます。
良い解決策はありますか?」


アドバイザー:
「解決策ですか?自分で様々な事に対して限界や壁を作ってませんか? 
もっともっと自然体で過ごしましょうよ!!」
「真面目過ぎて追い詰めたような考えが顔や行動に出ます。
あなたからもそうしたオーラが出てませんか?だとすれば、
周りの人達にとってウザい存在になっていると思います。
まずはそれに気付きましょう」
「でもね。誰だってウザいと思われる可能性もあるんだし、気を付ければ良いんです」
「あなたは人付き合い無しで生きて行けるのですか?
今までだって、あなたは周りに支えられて生きて来たはずですよ。
誰だって人の世話になって生きていますよね。」
「だから、あなたと一緒にいると楽しいと思ってもらえるように、
楽しい会話と笑顔を心掛けて振舞う事が大切だと思いますよ。
みんなそうして頑張ってますよ」
         


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

「語り合い」に参加して

数日前、僕はある集まりに参加しました。

ある集まりとは、
孤立とか引きこもりで悩んでいる当事者本人が、
その悩み等を語り合う会です。

10人位で輪になって、
ポツポツとそれぞれの人の悩みを聞いたり、
話したりしました。

詳しい事は話せないのですが、
精神科医とかも居なくて、
当事者のみの会だったので良いと思いました。
変な宗教でも無いと思います。(まだ分からないけど)

地域や社会で孤立した人が、
バラバラで過ごすのが現状だけれど、
孤立した人同士で仲間になれたら良いなあと感じました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
プロフィール

ナギヒロ

Author:ナギヒロ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア