「短い期間で転職を繰り返す人の特徴」 を読んで

8月6日のyahooニュースの配信にて、
短い期間で転職を繰り返す人の特徴
という記事が紹介されていました。

 僕は10回以上の転職経験があるので、
こうした記事は非常に気になります。
こうした記事を読めば、
確実に僕の心にグサッと突き刺さるものがあると予想できますが、
そうした意見を読むことが大切だと思っています。

大ざっぱに、以下↓のような事が書かれていました。

・会社全体や部署、目の前の仕事のこと、周囲の社員のことをほとんど理解していない
・同世代の社員と比べると、言動に幼さや未熟さを感じる。
・遅刻や休みが増えてくる
・本人は、職場でますます浮いた存在となり、仕事の情報などが入らなくなり、孤立する。
・今回、取り上げたような人は大企業では少ない。
・採用試験の段階で、本来は不採用にするべき人材
・短い期間で退職を繰り返す人がいる職場に入社しようとするならば、注意が必要だ。


↑上記のような事を読んでみて、
「その通りだろう」と思いました。
僕自身が周りから言われたり、自分自身で自覚している内容だと感じました。
ただ、「遅刻や休みが増えてくる」というのは僕については違うと思いました。
転職は多いですが、遅刻なんてほぼした事が無いですし、
休む事も他の社員よりは少なかったです。

あと、この文章を書いた人は、
「馬鹿にしてるんだな」と思いました。
この文章を書いた人は、
「採用試験の段階で、本来は不採用にするべき人材」
と言っています。
こうした考え方や圧力が、
生きづらい社会を作り出し、ある特定の人を排除し、追い詰めています。

「ひきこもりの人は、なぜひきこもるのか?」
その一つの答えとして、こうした圧力の存在が挙げられると思います。

この文章を書いた人は、過去に虐待を受け、
そのトラウマを抱えながら働く人の痛みが分かるのでしょうか?

この文章作成者からは、
「コミュニケーション能力の高い人間、
人付き合いに長けた人間こそが正義だ」
という傲慢さを感じてなりません。

僕のブログにおいては、
ひきこもりの人、虐待を受けた人・・・
そうしたメンタルの人同士の交流だけが目的ではありません。

「メンタルに苦しむ人達」vs「メンタルに苦しむ人を攻撃する人達」
この相反する意見の
クロスする部分を探りたいと思っています。

それぞれに別々で考えていては、
話が進展しないように思います。
僕はブログで書く事しか出来ませんが、
また機会があれば、今回のような事を書きたいと思います。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

派遣仕事が終わりました。

 8日間の派遣仕事でしたが、
昨日が最終日でした。
何とか予定通り続ける事が出来ました。
このブログで応援してくれた方々によって、
精神的に救われた部分がありました。
ありがとうございました。

 8日間というのは、
仕事期間としてはかなり短いと思います。
仕事内容も単調です。
なので、
「わざわざブログで取り上げるほどの事か?」
と疑問を持つ人もいた事と思います。

 ただ、僕にとってこの短期の派遣期間を
ブログで取り上げる事は、大変意義のある事
だったと思います。
 
 過去の事でもなく、思考の中身でもなく、
現在進行形の僕のリアルな状況を知ってもらうのに、
今回の派遣の記事は最適だと思っていました。

「別に普通に生きてるじゃん」
「ナギヒロさんは対人恐怖症ではないよ」
「あなたは何に困ってるの?」
「働けるならイイじゃん。俺は働けないんだよ」
などのメッセージを頂きましたが、
リアルな僕を知り、
少しは分かってもらえれば良いなあと思います。

ただ、
派遣先で孤立する僕の無様な姿を知り、
「そこまで社会の中で通じない人とは思わなかった」
「ブログで力説しているので、もうすこしマシな人と思った」
「やっぱり明るい人のが立派だよ」
という意見があるのも事実です。
 
「社会に入れる人 or 社会に入れない人」
の境界線ってあると思います。
 その境界線上にいる人が、少しでも多く
社会人としてやって行ける世の中になって欲しいです。
僕はそれを希望します。
 




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

仕事中にポッカリできる恐怖の時間

 昨日まで派遣で仕事に行ってました。
そこでは人間関係につまづいてました。
休憩中はいつも一人でした。

 仕事は基本的にはライン作業ですが、
材料が間に合わないとラインがストップします。
そうすると、
僕が一番恐れている時間が始まります。

それは
・・・
掃除の時間です。

責任者:「材料が切れましたので、
      材料が届くまで掃除をしてください」
     と言われ、掃除時間の始まりです。

みんなゾロゾロと掃除道具の場所へ向かいます。
ホウキやチリトリも数が限られているので、
ほとんどの人が手ぶらになります。
 何時に材料が届くのか分からないので、
ダラダラと終わりの分からぬ掃除時間が続きます。
10分、20分・・・60分、70分・・・
 
 掃除時間って真剣な時間では無いので、
ほぼ雑談タイムです。
あっちに3人グループ、こっちに5人グループ、そっちに・・・
と色々な立ち話のグループが出来ます。
 そんな中で僕は一人で掃除をしています。
たまには僕から話し掛けたりもするのですが、
すでに仲間のいる人は、僕のような孤立者からの
話し掛けを冷たくスルーする傾向があります。

 そうした掃除時間になると、
普段、ライン作業をしている時には気づかない個性が出ます。
一人で居る僕には、責任者からの視線が厳しく感じます。
「ああ、この人は周りに溶け込めないタイプの人なんだ」
と感ずかれた気がします。

 僕みたいな孤立症の人間には掃除時間は辛いです。
みなさんは、掃除時間は好きですか?

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

派遣も人間関係があるんだ・・・

僕は今、ある派遣会社で働いています。

 僕の個人的なイメージですが、
派遣会社で働くって、
「人間関係の煩わしさが嫌」
って考える人が多いと思っていました。

人間関係については、
サバサバしてると言うか、ドライと言うか、
そういうイメージでした。

 ただ、今の僕の行ってる職場では、
休憩中にグループがそれぞれ出来上がっています。 
100人位いる中で、3~4人だけが一人休憩をしています。
その3~4人の内の一人が僕ですが。
一人休憩組はやっぱり浮いて見えます。

それぞれのグループごとに、
「あの人は仕事が出来るけど、
 あの人は人の半分しか仕事が出来ない」
「AさんとBさんが時給が一緒ってオカシイよね。
仕事の出来が全然違うのに」
「あいつを見てるとイライラする」
などを話し合っています。

「あらゆる職場において
人間関係のしがらみがあるんだ」
と改めて痛感しています。

「孤立しがちな人に合う職場ってどこ?」
と探すけど、
なかなか見つからなくてイライラします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

派遣仕事を二日やってみて

昨日から
あるパチンコメーカーで仕事をしています。

昨日の初日は空き箱集め、
二日目の今日は電気検査でした。
1100円(時給)×7時間(労働時間)×2日で、
今のところ15400円の収入となりました。
まあ、これについては満足しています。

ただ気になっていたのは、
(1)膝
(2)周りとの協調
でした。

(1)膝については、
 思ったよりも支障なく働けています。
 この調子であれば、
 この派遣期間を乗り切る事が出来そうです。

(2)周りとの協調については、ダメです。
  100人を超える派遣社員が集って仕事をしてますが、
 思ったよりも仲良しグループが出来ています。
 そうしたグループにどうしても入って行けないです。
 途中の10分休憩も、昼の50分休憩も、
 完全に一人で過ごしています。
  自分でも表情が異常に硬い事が分かるのですが、
 自分のしかめっ面は今さら変えられそうにないです。

 
①朝は送迎の車で7~8人で現場工場へ向かいます。
②到着すると開始時間まで休憩室で待機します。
③10時30分から休憩です。
④12時~12時50分まで休憩です。
⑤15時から休憩です。
⑥帰りは、工場→工場の最寄駅まで送迎
     工場の最寄駅→自宅の最寄駅まで電車

 この①~⑥が何か?
と言うと、
この時間帯は他人との雑談タイムです。
僕は、この時間帯が嫌です。
仕事時間以上に。
 
 結局僕は雑談が嫌いなんだと改めて思いました。
これが派遣仕事を二日やってみての一番の思いです。












にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
プロフィール

ナギヒロ

Author:ナギヒロ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア