『家族狩り』に思う事(2)

 みなさんは
『家族狩り』
というドラマを見ていますか?

 様々な家庭があり、それぞれに問題を抱え、
毎回、考えさせられるドラマですね。

 現在、僕が気になっている人物は、
巣藤浚介(伊藤淳史)です。予告からすると、
次回で、彼の過去が色々と分かるかもしれません。

 あとは、前回からの続きで、
親に歯向かう
芳沢亜衣(中村ゆりか)と実森勇治(岡山天音)の二人
が気になりますね。

 不登校でひきこもりの実森勇治君が、
家の中を滅茶苦茶にし、
母親の顔が腫れるまで殴り、
まもなく家に火を付けようとする姿は、
本当に恐ろしい姿だと思いました。
 
 ただ、僕も小学、中学、高校時代など、
親に対しての強い憎悪があったので、
頭の中で何度も、
ああいった映像を思い浮かべた事がありました。  
「少年院かなんかに入るのか・・・」
と思ったことも。

この文章を読んで、
ナギヒロはヤバイ奴だと思われたかもしれませんが、
それも仕方のない事だと思っています。
 僕として重要なのは、
子供を地獄へ堕とす親が存在する事実であり、
それを出来るだけ知ってもらう事だと思っています。



 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

ナギヒロ

Author:ナギヒロ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア