24時間テレビを見て、正直に思う事。

 今年も24時間テレビが放送されてますね。
「小さなキセキ、大きなキセキ」
が今回のテーマですね。

 身体や知的に障害のある人。
その頑張る姿を取り上げる事、
出会いの大切さを問う事は、
大きな社会的意義があると思います。

 ただ、そこで取り上げられる人は、
友人が沢山いたり、親が優しかったり、
仲間のサポートがあったり、
人間関係については良好な人が多いように思います。

 24時間テレビは素晴らしい試みだと認めながらも、
疎外感を感じているのも確かです。

 不登校、引きこもり、孤独死予備軍、
コミュニケーション障害・・・など、
そうした孤立しがちな人の頑張り等も
取り上げられる社会になると良いなあと思います。

 24時間テレビを見て、
ずっと引きこもっていた人が、
募金をする為に家から出てくる。
そんなキセキがあっても良いのでは?
と思ってしまうのです。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

ナギヒロ

Author:ナギヒロ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア