対人恐怖症の人に期待する・・・その情熱と才能に

みなさん、元気にしてますか?
風邪などひいてませんか?

いや、風邪なんかよりも、
心は大丈夫ですか?
身体よりも心が気になります。




対人恐怖症であるならば、
たった一日を過ごすだけでも悪影響が出てしまう。

明日の一日を考えてみても、
人懐っこさがあれば平穏な日を過ごせそうだが、
人への恐怖症があればそうは行かないと思う。

仕事や学校生活を考えたって、
「人間大好き」って人と
「人が怖い」って考える人では180度違った
生活になってしまう。

それについては、
対人恐怖症の本人が一番良く分かっていると思う。

「何とかしなければ、人生そのものが転落してしまう」
「努力だって才能だって、全てが消えてしまう」
そんな焦燥感にかられる日々だと思う。

対人恐怖症の人は毎日がピンチの連続だし、
希望の持てない人生設計を立てるしかない。


だからこそ、


対人恐怖症の人の願いは強いはずだと思う。
「対人恐怖症の苦しみを消したい」という願い。

仕事が無いのを感じる。
対人恐怖症の人の本意を叶える仕事が・・・
対人恐怖症の人を助ける仕事が・・・

対人恐怖症の人には、
その情熱や才能は強いものがあると思う。
でも、世にある仕事は、
対人恐怖症の人の個性を潰すものばかり。

対人恐怖症の人の経験を活かせる
対人恐怖症の人の思いを叶える
対人恐怖症の人同士の協力
対人恐怖症の人のたぎるような熱意を活かす
対人恐怖症の人の隠された才能を活かす
・・・
そうした仕事があっても良いと思う。


精神科医、臨床心理士、精神保健福祉士などが
そうした仕事かとも思えるが、
どうも違和を感じる。

対人恐怖症の人の膨大なる情熱や才能が
捨てられてしまう社会の中で、
本当に悔しさを隠し切れない思いで僕は過ごしている。

対人恐怖症の人を救う仕事、
対人恐怖症の人が才能を活かせる仕事、
がないものだろうか?

 僕はいつのまにやら歳をとってしまった。
もっと若い段階で、
そうした仕事を見つけられると思っていた。
対人恐怖症の人を救うような仕事を・・・

僕は半分腐ってしまった。
あまりにも厳しい現実社会の中で。
「ああ・・・これで俺の人生終わりかよ・・・」
って惨めな気持ちになる事も多い。

僕のブログを見てもらっても分かるかもしれないが、
生活の為の仕事をするだけで一杯一杯になっている。
「自分の才能を活かす」よりも
「生活する為の仕事」となっている。
今の仕事は労働時間が長く、
ブログ更新もままならない日々だ。 

でも願う気持ちは忘れない。
「対人恐怖症の人が救われる社会」
「対人恐怖症の人が能力を活かせる仕事の確立」

対人恐怖症である彼ら彼女らには
強く輝くものがある。
だから、
その情熱と才能を活かせる日を願っている。
それが僕の一番の願いなのです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

ナギヒロ

Author:ナギヒロ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア