『虐待』 それは親が絶対にしてはいけない事

今回に書いた記事は、僕の個人的な仮説です。
仮説ではありますが、人によっては傷付くかもしれません。
メンタル的に弱っている方は読まない方が良いかもしれません。
自己責任にてお願いします。

記事は下にあります。













『虐待』
を受けて育った子は、必ず不幸になる。

残念ながら、それは本当の事だと思います。

だからこそ、親は子に対して『虐待』をしてはいけない。
そう思います。


親から虐待を受けると、ビクビクと怯えた子になる

学校でイジメの標的にされる。
教師もビクビクした子を嫌う。
部活でも万年補欠となる。(ムードメーカー優先なので)

ビクビクした子は、就職活動でも面接で落ちまくる。

会社に入社後、ビクビクしてるから孤立する。
コミュニケーション障害で、知っておくべき情報を知らない。
仕事の出来ない人となる。

転職、無職の繰り返し

「コミュニケーション障害」、「親嫌い」なので、周りに人が寄り付かない。

経済的困窮状態、友人なし、親とは不仲

「おとなしい人」
「近所付き合いのない人」
「何か変な人」
・・・など、嫌な印象を近隣住民に持たれる。

まともな人間生活が送れない為、
「自殺」、「犯罪者」
という所に至る。


その時、その時で常に苦しみに包まれた生活を送るが、
『虐待』から発生する悩みは周りに相談出来ない事が多い。
相談した所で、「そんな情けない事で悩んでるの?」
と言われてしまう事もある。
そうすれば当事者の心の中には、
救われないと言う「絶望感」「無力感」もしくは
攻撃的な感情として「怒り」「憎しみ」が湧いてしまう。


社会の中では、
身体的な病気のある子、貧乏育ち、片親育ち・・・
などが子供の不幸であると捉えられている。
ただ僕はそれだけではないと思う。

「自殺」「犯罪者」へと辿り着いてしまう。
そんな最悪な事ってあるのだろうか?
幼少期の『虐待』にはそれほどの影響力がある。

親になった人にお願いしたい。
教育、習い事、貧乏・・・
そんな事はどうでもいいから、
『虐待は絶対にやめて下さい』
僕の切なる願いです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

ナギヒロ

Author:ナギヒロ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア