「2分の1成人式」 公開処刑を避ける為に・・・

「成人式」とは、
20歳の成人になった人を祝福する行事です。
それに対して、
「2分の1成人式」とは、
10歳の小学4年生の子の成長を祝福する行事のようです。

 ただ、2分の1成人式においては、課題があるようです。
親への感謝の手紙を教室で読み上げる課題です。
「親への感謝を手紙に出来なければ、10歳として認めない」
と言ってるようにも感じます。

「10歳として認めない・・・、もっと言うなら人間として認めない」
と言ってるようにも感じます。


ここで僕が思うのは、
虐待を受けているA君が、
本当の手紙を読んだらどうなる?という事です。
例えば↓のような手紙

『お父さん、お母さんへ

  いつも叩いてくれてありがとう。
  「お前さえ産まれなければ良かったのに」
  ってお母さんは良く言うけれど、
  そんなお母さんの事が本当は憎いよ。
  お父さんは僕を虐めて笑ってるけど、
  僕の方が強くなったら、虐め返すからね。

                        Aより』

もし、
このような手紙をA君が読み上げたなら、
A君の父母、担任教師、周りの保護者、
そして、学校長や教育委員会、PTA・・・
などから総攻撃される事になる。 
クラスメートもA君を責めるだろう。
つまりは、
A君は公開処刑をされる事になる。

だから・・・
A君は公開処刑を避ける為に、
嘘の手紙を書くしかないのだろう。

2分の1成人式は、
虐待を受けた子供にとっては、
「魂の殺人」の式である事を知って欲しい。

「本音を封印して、嘘でもいいから、
親への感謝を述べる事がとっても大切なんだよ」
そんな事を周りから強要される日が、
2分の1成人式だと思う。

大人になって行く通過儀式・・・

 確かに、
虐待を受けた人達はみな、
そうやって生きてる。
社会からの公開処刑を避ける為に・・・
残念だけど、僕も・・・
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

ナギヒロ

Author:ナギヒロ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア