「短い期間で転職を繰り返す人の特徴」 を読んで

8月6日のyahooニュースの配信にて、
短い期間で転職を繰り返す人の特徴
という記事が紹介されていました。

 僕は10回以上の転職経験があるので、
こうした記事は非常に気になります。
こうした記事を読めば、
確実に僕の心にグサッと突き刺さるものがあると予想できますが、
そうした意見を読むことが大切だと思っています。

大ざっぱに、以下↓のような事が書かれていました。

・会社全体や部署、目の前の仕事のこと、周囲の社員のことをほとんど理解していない
・同世代の社員と比べると、言動に幼さや未熟さを感じる。
・遅刻や休みが増えてくる
・本人は、職場でますます浮いた存在となり、仕事の情報などが入らなくなり、孤立する。
・今回、取り上げたような人は大企業では少ない。
・採用試験の段階で、本来は不採用にするべき人材
・短い期間で退職を繰り返す人がいる職場に入社しようとするならば、注意が必要だ。


↑上記のような事を読んでみて、
「その通りだろう」と思いました。
僕自身が周りから言われたり、自分自身で自覚している内容だと感じました。
ただ、「遅刻や休みが増えてくる」というのは僕については違うと思いました。
転職は多いですが、遅刻なんてほぼした事が無いですし、
休む事も他の社員よりは少なかったです。

あと、この文章を書いた人は、
「馬鹿にしてるんだな」と思いました。
この文章を書いた人は、
「採用試験の段階で、本来は不採用にするべき人材」
と言っています。
こうした考え方や圧力が、
生きづらい社会を作り出し、ある特定の人を排除し、追い詰めています。

「ひきこもりの人は、なぜひきこもるのか?」
その一つの答えとして、こうした圧力の存在が挙げられると思います。

この文章を書いた人は、過去に虐待を受け、
そのトラウマを抱えながら働く人の痛みが分かるのでしょうか?

この文章作成者からは、
「コミュニケーション能力の高い人間、
人付き合いに長けた人間こそが正義だ」
という傲慢さを感じてなりません。

僕のブログにおいては、
ひきこもりの人、虐待を受けた人・・・
そうしたメンタルの人同士の交流だけが目的ではありません。

「メンタルに苦しむ人達」vs「メンタルに苦しむ人を攻撃する人達」
この相反する意見の
クロスする部分を探りたいと思っています。

それぞれに別々で考えていては、
話が進展しないように思います。
僕はブログで書く事しか出来ませんが、
また機会があれば、今回のような事を書きたいと思います。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

ナギヒロ

Author:ナギヒロ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア