孤立症の人はどうすれば良いのか?

「人間関係の苦手な人が生きて行く」
その戦いの日々。

それが僕の人生のテーマだし、
このブログのテーマでもあった。

でも僕は勝てなかった。
だから、僕としては無力さを痛感している。

孤立を知っている人なら分かると思うけど、
ぽつんと一人ぼっちになる事は、
相当に辛い。

 特に、周りがにぎやかな中での
孤立は、精神を破壊しかねない。
呼吸が乱れ、心臓がバクバクし、冷汗が止まらない。
顔面は蒼白になり、
他人から「顔色が悪いよ」とだけ言われる。
いつも1人でいる人に対しては、周りも悪口を言い始める。

挙動不審になり、精神が不安定になるほどに、
他人は悪口を言う。
本人はどんどん追い込まれる。

孤立した人を悪く扱う事が、
まるで正義のようになっている。
にぎやかな人が立派な人だと言われる。

孤立症の僕は、どんどん転落して行く。
明るい人は安全な場所にいる。

「心に闇を抱えた人」
が助けてと言えない社会の中で、
僕らはどうすれば良いのか?

いまだ、僕には分からない。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

ナギヒロ

Author:ナギヒロ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア