精神科って、何をする所ですか?

「精神科とは、心に悩みのある人を助ける場所」

僕はそんな風に思ってました。
でも実際に通院してみて、多くの違和感を持ちました。

「なぜ君はちゃんと薬を飲まないんだ!」
「副作用?変な噂を信用してるんだな、君は」
・・・など、僕が精神科で言われた言葉です。


売上至上主義の精神科医は、保険点数を稼ぐため、
薬の種類や量を出来る限り多くする方針を持ち、
多くの患者を薬漬けにしています。

その結果、
少し休養すれば治っていたはずの人たちが、
精神病患者として病名がつけられ、
大量な向精神薬で脳内を薬漬けにされ、
副作用との戦いの療養生活が始まっているのです。

精神科に行ったせいで酷くなる人が多数いる事も知りました。
それは患者の思いより、
医師、看護師などの思いを優先させたからだと思います。

多くの薬を与えて、精神科医が儲ける。
多くの患者を抱えての売り上げ確保。
危険人物を預かる事もあるけれど、身体拘束すれば良い。

精神科って、何をする所ですか?


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

ナギヒロ

Author:ナギヒロ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア