「倍返しだ」---虐待に対して2


 虐待を受けた子が、
親に「やり返す」なんて間違っていると意見を
頂きましたので、もう少し関連した事を書こうと思います。


 二人の間でトラブルや問題が起きた場合、どちらか一方が
黙って我慢すれば何事も無かったかのように時が過ぎる事って
沢山あると思います。
旦那が浮気をしてるけど、我慢する妻。
上司の失敗を部下のせいにして、それを我慢する部下。
意地悪な子が気弱な子を虐めて、それを我慢する気弱な子。
 
我慢するという選択をしたのは、
「自分さえ犠牲になれば、事は穏便に過ぎ行く」
「自分がやり返せば、相手にまたやられる」
「相手だって色々な事情があるはずだし・・・」
といった考えからだと思います。 

「倍返しだ!」
とは、あるドラマの印象的なセリフです。
「やられたら、やり返す。倍返しだ!」
そうやって主人公は道を切り開いて行くストーリーだと
僕は思いました。
「やられても、黙っておこう。我慢だ!」
と主人公が我慢を選んだら、当然ながら全く違ったストーリーに
なったはずです。

「お前さえ、黙って我慢しておけば良いんだよ!」
と言うのは加害者です。加害者にとって都合が良いからです。
しかし、被害者は『やり返す』気持ちを忘れてはならないと思うのです。

親から虐待を受けた場合、
親に100発殴られたから、200発殴り返すというのは、
確かに現実的では無いですね。
 ただ、虐待した親に謝罪を求める事は必要だと感じています。
そして、精神科医や関係者には、
その虐待親の謝罪こそをサポートして欲しいのです。
 精神科医も薬という楽な方を選んでしまうのでしょう。

 虐待を行った親は反省ゼロ。
虐待を受けた子は精神科で薬漬け、
または虐待親が不在でのカウンセリング。 

 虐待の解決には、親の謝罪は絶対に必要だと思います。
スポンサーサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

いつもランニング、尊敬の念を抱いて見ています。
最近更新されてなくて心配だったんですが、ちゃんと走られていてすごいです。

復讐、僕も否定的ではないんですが、
謝って貰った所で許す許さないの話になって余計思い出して辛いんじゃないかとか。
相手は心の問題で人の幸せを望めなくて虐待する訳だから、幸せになるのが一番の復讐、って風潮があるので、
薬治療になるのかな、とか。考えます。

僕は小さい頃からイジメを受けて、それを世間や親や弱者に当たってしまった側なので、正しいことは言えませんが。
それでは二重の苦しみを抱えることになりましたね。

こんばんわ。オルさん。
コメントありがとうございます。

 ランニングは、何とか続けてる感じですね。
何か一つは頑張っていないと自分がダメになりそうで、
走っている感じです。

 虐待をした親に対して、
自分が幸せになる事が一番の復讐ってのは、
良く言われる事ですね。
 ただ、問題となるのは、虐待親の反省無しに
幸せになれるのか?ですね。

 イジメは辛いですね。
人に虐げられたトラウマをどうやって乗り越えるのか?
難しい問題だと思います。

すごく私怨・私事なんで、スルーしてもらって大丈夫です。

僕なら、自分が深く傷つけた人が反省して謝ってきたとしても心底許せないと思います。
その為に滅茶苦茶になった何年間はどうなる?って話になりますし。
逆に、そんな薄っぺらい謝罪で謝った気分になんてなって貰いたくないし、一生人を傷つけた罪を抱えていけって思います。

謝罪でも、本当に自分が思うような所を深く反省して謝ってくれたらいいんですが、
客観的に被害者・加害者が別れていたとして、加害者は加害者の気持ちや、逆に被害者に謝って欲しい部分などを必ず抱えています。
それらを無視して、誠実に謝って貰うなんて不可能だと感じてます。

でも、もし謝罪を求める話し合いをするのであれば、それは被害者からの歩み寄りしかないと思います。

相手を加害者として見るのではなく、あくまで感情を持つ人と人として接する事ができるまで、勉強し、葛藤しながら自分を高めるしかないと考えてます。

僕は一番怖いのは、被害者って言うモラル的、法律的強者の立場に依存してしまうことです。
そうなったらもう全面戦争だし、謝罪じゃなくてまた攻撃しあうだけになってしまうから。

個人的な意見ですが、長文失礼しました。

こんばんわ。オルさん。
コメントありがとうございます。

僕のブログにおいては、異論や反論は歓迎なので、
色々と言ってもらえるとありがたいです。

 謝罪についてですが、
加害者が被害者に謝る場合、被害者の気持ちを完全に
理解する事って無理だと思います。
 例えば、イジメがあったとして、(いじめっ子)が(いじめられっ子)
の辛い気持ちを完全に理解する事は無いと思います。そもそも、
辛さを理解出来るのであれば、最初からイジメたりはしないと思います。
 それでも、僕は謝るべきだと思います。
『悪い事をしたら謝る』
これは、あらゆる事について重要な事だと思っています。

「あいつを蹴飛ばすと面白いよ」
といじめっ子。
「ストレスが溜まったら、家で子供を叩くとスーッと落ち着くよ」
と虐待親。
 謝罪を要求しなければ、こういう人達が何の反省も無しに
目の前を通過して行くのです。

 オルさんの言われるように、
加害者の謝罪で、被害者の気持ちが100%晴れる事は無いと
思います。ただ、謝罪要求で、少なくとも「悪い事をした」という
自覚を促す事は出来ると思います。

 虐待を受けた人は
「自分が悪いんだ」
と思う傾向があると思います。
 自己の反省ばかりでなく、相手を見て行く事も
大切だと思います。

駄文にレスありがとうございます。

そうですか…。
僕はまだ『加害者が虐待を悪いことだと知らない、罪悪感を感じない』ってケースには出会った事がないので誤解していました…。
人間って波があり多面的ですし、虐待をする人間で、その事に葛藤や苦しみがない人は未知の世界です。

でも、あり得る話ですよね。
相手がパーソナリティ障害や発達障害の様な場合など…。そもそもの感情を理解できない場合とか。

それなら、僕も法的な教育や謝罪強制で悪いことだと分からせる事はできると思いますし、変化があった事で被害者の気持ちもマシになるでしょうね。

悪いことをしたら謝る、それは社会で生きていく上で皆が守らなくちゃいけない事ですよね。

ただ、『相手が酷いことする(平然としている)』のが、『悪い事が分かっていないから、人の苦しみが分からないから』って考えるのは僕は最終手段にしています。

経験上、『相手は悪いことを分かってはいるし、人の痛みや悲しみも理解できる人間だが、
逆に自分の苦しみをわかってもらえない、又はより大きな問題や感情を抱えていて、あえて反モラル的な行いをしている』パターンが多い気がします。

謝罪要求がより暴力のエスカレートに繋がる危惧はそれを考えてました。

まぁなんにせよ、犯罪心理学や精神医学も入ってくるんでしょうが、それに対するアプローチはもっと勉強していきたいです。




No title

こんばんわ。オルさん。
コメントありがとうございます。

さすがに、
虐待を悪い事だと知らない人はいないと思いますよ。
これだけニュースなどで放送されてますからね。
「虐待は良い事だよ」
という人がいれば、確かに不思議ですね。

「発達障害の人が感情を理解できない」
というのは誤解を招くかもしれません。

 虐待をした全ての親が反省をしているならば、
謝罪は不要かもしれません。ただ、反省をしていない
虐待親にはやはり謝罪要求が必要だと思います。




これがなかったから...。

 ナギヒロさん、おじゃまします。byhです。

 私があの女に求めたのは、心からの謝罪でした。

 でも、それがなかった。
もし、謝罪があったら、連絡は取らないとしても、葬儀くらいはするつもりでした。

 だから、慰謝料を請求しました。
それも、断られました。

 そして、分籍しました。
 葬儀も行きません。

 悩んでいるのは、相続のことです。
私の人格によっても考えが異なりますが、請求して受け取れなかった分は、取ってやろうかと思っています。

こんばんわ、byhさん。

 心からの謝罪が虐待の傷を癒すと思います。
「あの時はゴメンね」
で良いと思います。

僕の場合は、
「育ててやった親に向かって何様のつもりだ!!」
でした。

 相続は貰えるだけ貰えば良いと思います。
綺麗事では無いと思います。
ただ、経済的に余裕があれば、
跳ね除けた方がエピソードとしては良いと思います。

 

プロフィール

ナギヒロ

Author:ナギヒロ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア