会社で侮辱された日(4)---午後のはじまり


「行くぞ!」と自分に気合を入れ、部長の所へ向かった。

僕:「部長、今から機械Nに戻っていいですか?」
部長:「何で?今日は機械Aで良いだろ!今日は1日君の動きを見るんだから」
僕:「いや、戻りますよ。機械Nに。こんな屈辱的な事やるつもりないんで!」
  「このやり方はおかしいでしょ!」
   と僕が怒った。

  すると、
部長:「ちょっと別室に行こう」
    と部長は隅の部屋を指差した。


  この時、僕の心の中にあったのは、
中島義道さんの哲学だった。
以前にもブログで書いたように、
『怒る技術』 中島義道著
には強い影響を受けていた。

 あの本の細かい事は忘れたけど、
「たとえ間違っていようと、あなたは怒るべきである」
というフレーズは痛烈に覚えていた。
まさに、その時だと感じていた。



スポンサーサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナギヒロ

Author:ナギヒロ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア