虐待を受けた人の正常な反応

ある日、
僕が道を歩いていると、
向かいから歩いてくる人が、
いきなり僕をぶん殴った。
ぶん殴ったのはAだった。

Aに殴られ、不意打ちだった事もあり、
僕は気を失ってしまった。

気が付くと、僕の体はロープでガチガチに縛られ、
身動きは出来なかった。

目覚めた僕に気付いたAは再び僕をぶん殴った。
そして僕は気絶した。

次の日に僕は意識が朦朧としながらも、
目が覚めた。目の前にはAがいた。
そして僕は再びAに殴られた。

そんな日々が10日ほど続いた。
10日目にして、周辺住民の通報により、
警察がA宅に入って来た。
そして僕は助かった。

Aに何度も殴られたが、
幸い後遺症の残るような傷は無かった。


数年後、刑期を終えたAが僕の前に再び現れた。
その時の僕の心境は?

①「何年も前の事だし、掘り返してもしょうがない。Aと仲良くしよう」
②「Aが怖い。またあの時と同じ事をされたらどうしよう?殺してやりたい」

この①と②のどちらでしょうか?
どちらの考えが正常でしょうか?

僕は②が正常だと考えます。
この犯罪に対して、①は異常だと思います。


ですが、
親から虐待を受けた人に対しては、
世間は①を推奨してくると考えています。
「何年も前の事だし、掘り返してもしょうがない。親とは仲良くしましょう」

世間の人達は、虐待後遺症で悩む人に対して言い放つのです。
①の異常な考えを押し込んでくるのです。
そして、虐待後遺症で悩む人は精神を病むのだと考えます。


虐待を受けた人の正常な反応に対して、
「全ての親は子供を愛している」
を押し込まれて、
精神が崩壊してしまう。

 世間一般人が、
虐待に対して無知な為に起こる悲劇とも
言える事だと思います。

こんな事でいいのか?
と日々問題を考えています。

※Aの話は嘘であり、作り話なので、ご了承ください。
スポンサーサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

びっくりしました。

ナギヒロさん、おじゃまします。
byhです。

今日のナギヒロさんの記事、心臓がバクバクしました。『えっ?!ナギヒロさん、そんな出来事があったの??それって、あんまりじゃない?私がAを殺してやる!』って思いながら読み進め、最後の一文で安心しました。

ナギヒロさんの文章は、やっぱりすごいです。

今回の記事の作り話は、分かりやすいし、虐待を受けていない人もイメージしやすいと思います。そして、的を射ていると思いました。

虐待後遺症を抱えている人の現状を、世間にいかにして伝えていくか?の大きなヒントになりました。それを形にするのには、まだもう少し時間がかかりそうですが、私の頭の中の構想が仕上がったら、ナギヒロさんに報告したいと思っています。

私が今考え中の、次の策の手がかりになりました。ありがとうございます。

No title

虐待を受けると自分を守ることが困難なのだということを
フィクション風に書かれました?
確かに辛い。

しかし、私は、文章に表現できる強さを感じておこうと思います^^

こんにちわ、byhさん。


  そこまで現実的に読んで頂けるとは思ってなくて、
でも、そのようなリアクションはありがたく思います。
 さすがにAを殺してしまうと、
byhさんが犯罪者になってしまうので、
まずいと思うのですが、そう言ってもらえて
嬉しく思います。

 虐待を受けてない人に対し、
「どう言えば気持ちが伝わるのだろう?」
と考える事が良くあります。
虐待の問題は、
当事者自身の頑張りだけでは限界があると思うし、
世間からの理解が大変重要だと思います。
でも今は、世間は無理解だと感じています。

 byhさんは文章が分かりやすいので、
そのbyhさんが虐待後遺症について書いて頂けるのは、
本当に心強く思っています。

こんにちわ、ベージュさん。

 虐待を受けると自尊心が破壊されてしまうと思っています。
特に幼少期に虐待を受けて育ってしまうと、
自我が発達せず、
その後の人生が滅茶苦茶になる
可能性が大だと思っています。

 自分の思いを文章化する事が、
まずは一歩だと思っています。
プロフィール

ナギヒロ

Author:ナギヒロ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア