僕はもう 『ランナー』 になれないのか?

(僕のブログにしては長文ですので、ご注意下さい)

昨日の病院での
「軟骨が欠けてますね」
と言う担当医の発言が頭に響く。


 走る事は好きだった。
今になって尚更に思う。

 僕は小学時代、サッカー部だったが補欠だった。
中学時代、バスケ部だったが補欠。
高校時代、サッカー部に入ったが補欠だったので、
高校2年で辞めた。 

 自分で言うのもなんだけど、
運動神経が悪い事が補欠の原因では無かったと思う。
性格が要因でレギュラーから外される事が多かったと思う。
「ムードメーカー」と呼ばれる人が優先的にレギュラーになる
ように、僕はその逆の存在だった。

大学に入り、空手部に入った。
「孤独な奴でも活躍出来る」というイメージが空手にあったから。
ただ実際は馬鹿騒ぎが好きな部員が多く、
体育会系のノリについて行けずに僕は孤立しまくった。
みんなから悪口を言われ続けた。
ある日、
僕は同期から馬鹿にされ、嘲笑された。
僕は「馬鹿にするのもいい加減にしろ」と怒鳴り、
同期をぶん殴った。
それを見た先輩が、
「何やっとんだ、部室の中だぞ!!」
と怒鳴り、僕を殴った。
そして空手部を辞めた。

 街の道場に入った。極真空手だった。
直接に殴り合う空手で、足や腹、肩など、
色々な場所にアザが出来たが、
それは僕には問題ではなかった。
相変わらずそこでも孤立はしていたが、
真面目に1年ほど通った。
ある日、道場に新人戦のポスターを発見した。
それを見た瞬間、
「これだ!」と思い、師範の元へ駆け寄った。
僕:「あの新人戦に出たいです」
師範:「う~ん。本気なのか?」
僕:「はい。是非とも出たいです」
師範:「君を応援してくれる人はいるのか?」
僕:「えっ?」と僕は言葉を詰まらせた。
師範:「応援してくれる人がいなけりゃ試合には出せないな」
僕:「・・・」
師範:「今まで君を見て来たけど、周りとコミュニケーションが取れてないだろ」
    「そういう奴は試合には出さないと決めてるからな」
    「仲間がいるから戦えるんだろ?」
    「な?明日から心を入れ替えて、どんどん仲間を増やして行け」
    「そうすれば、次の機会に試合の参加を考えてやっても良いから」
    「今のままなら試合には出さないからな」
と言われた。
家に帰る途中、
「くそったれが!!」と叫びながら電柱を蹴った。
絶望感を抱えながら帰路に着いた。
家に着くと、狂ったように泣いた。
 その日以降、道場に行くと、
他の道場生に話し掛ける事に力を注いだ。
だけど自然に足は遠のいて行った。
どんどん無気力になって行く自分がいた。
空手が嫌いになってしまった。

 社会人になり、キックボクシングを一年ほど習った。
上級Bクラスには合格した。
ただ、
会長が
「キックボクシングにとって一番大切なものは何か知ってるか?」
と皆の前で話し始めた。
「コミュニケーション能力だからな」
と言われた。
それを聞いた瞬間、コミュニケーションアレルギーが出始めた。
加速度的に無気力になった。
そしてキックボクシングを辞めた。

 その間、ランニングは続いていた。
「コミュニケーションが下手な奴は大会に出れないぞ」
とは言われなかった。自分で申し込み、自分で練習すれば
マラソン大会で結果を残す事は出来た。
それが嬉しかった。
記録証を貰うことが、『ランナー』である証だった。

 ある時期は、
元ひきこもりだった仲間と一緒にマラソン大会に参加していた。
彼もまた補欠だけの学生生活を送った1人だった。
「一緒に頑張ろう!」
「俺たちみたいなクズでも出来る事を証明してやろう!」
彼と参加した大会は1回や2回ではなかった。
おそらく30回位は一緒に出たと思う。

彼と一緒に練習もした。
「今の1kmは4分40秒。もう少し加速しよう」
辛いのは分かったが、お互いに刺激しあった。
1月とか2月の真冬でも、練習後は水をかぶった。
水をかぶった後も、彼の体から湯気が立ち上った。
それほどに体は熱くなっていた。

「40分切り!」
それをテーマに掲げた時期があった。
10kmを40分以内で走ろうと誓い合った。
元ひきこもりの社会的クズが、
「40分切り」が出来れば凄いじゃないかと思っていた。

練習すればタイムは速くなった。
最初は10kmを50分を切る程度だったが、
48分、46分、そして45分切りを達成し、
42分位までは順調に行った。
42分辺りから停滞期があった。
なかなかタイムが縮まらなかった。
それこそ10秒を気にしながら走った。
10kmを走るのに10秒を気にしていた。
そんな中で、
ある日に「40分切り」を達成出来た。
紛れもなく彼のお蔭だった。
「40分切り」は格別だった。

 あれから色々あって、彼とは会っていない。
ただ僕は一人でもランニングを続けていた。
ランニングは僕にとって最重要とも言えるものだった。
屈辱にまみれた日に、泣きながら走る事もあった。
迷いながら走った日もあった。
マラソン大会結果を自慢げに書く事もあった。
モチベーションを保つ為に、このブログでも
何度もランニングについて書いてきた。
ランニングには色々な思いがあり、
簡単には語れない。

 
 「軟骨が欠けた・・・」
そんな程度の事で、僕のランニングが終わるのか?
「嘘だろ?」
としか今の僕には思えない。
走る事をアピールポイントにしていた僕が、
足を引き摺るような生活に突入するのだろうか?

病院の先生の言い方もあいまいで良く分からなかった。
僕は今後走る事が出来ないのだろうか?

『ランナー』
と呼ばれる事はもうないのだろうか?
スポンサーサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

人間関係

人と接して辛い事は確かにたくさんありますし
悪魔みたいな人と接するくらいなら一人でいるほうがマシ
と思う気持ちは自分の中でもかなり根強く心に残っています。



ただ、自分の味方になってくれた人もたくさんいたし
その人たちに感謝することで人の温かさとありがたみも学ぶことが
できました。




引きこもっている時人が嫌いで嫌いで仕方なく
誰にも会いたくないと思っていたけど
何か月か経つと人と関わりたくて関わりたくて
仕方ない気持ちに変わった




人は一人では生きていけないと聞くけど
なんとなく分かる気がしました。

ナギヒロさんへ。

ナギヒロさん、度々おじゃまします。

私は、運動音痴だから、スポーツのことはよく分からないです。

でも、ナギヒロさんはランナーです。

症状の詳細も知らないのに、無責任な発言かもしれません。

でも、言わせて下さい。

「ナギヒロさんは、立派なランナーです」

今後の経過がどうなるか分からないけど、私は、ナギヒロさんが嫌じゃなければ
ずっとナギヒロさんのことを『ランナー』だと思い続けます。

ごめんなさい、今回も、私の脳ミソでは
いい表現の言葉が見つけられなくて、こんなコメントしか書けませんが…。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんわ、ノジさん。

 そうですね。
人と接する事は楽しい事もあれば苦しい事もありますね。

 自分の味方になってくれる人は大切にしたいものですね。
素直に感謝出来る事は素晴らしい事だと思います。

 引きこもった人は、大抵の場合、それ以前に人から
嫌な事をされていると思います。そのトラウマをどのように
考えるかで変わるとは思います。
 
 確かに人は一人では生きていけませんね。
それ故に様々な葛藤があると思います。





こんばんわ、byhさん。

 いつも応援ありがとうございます。
ランナーだと言って頂ける事は嬉しく思います。

 誰しもが五体満足でランニングをしているとは限りません。
大きな問題を抱えながら走っているランナーもいると
思います。

 僕の症状は途中経過なので、これから悪化するのか?
好転するのか?分かりません。
 ですがまた『ランナー』になりたいと思っています。

こんばんわ、鍵コメさん。


『対人恐怖症ランナー』とは良い言葉ですね。
普段からブログを見て頂きありがとうございます。

ボクシングを辞めたり、ランニングをしたり、
鍵コメさんとは共通点が多いですね。

確かに掛ける言葉は見つけにくいと思います。
僕もそういう場面で何と声掛けすべきか
分からないです。
ただ、こうして心配して頂ける事が嬉しく思います。

 確かに最初の診断が違っていた事には多少なりとも
苛立ちを覚えます。ただ、設備も整っていない病院だった
ので、仕方なかったと思っています。

 色々と調べて頂き、ありがとうございます。
そうですね。膝の痛みにも色々なタイプがあると思います。
半月板損傷も大変だと思います。
僕も希望を持ち続けたいと思っています。


鍵コメさんも、『対人恐怖症ランナー』
として頑張ってください。
そういうランナーは応援したいです。
僕もそれを追いかけられるよう、
願う日々です。

いろいろな感想

ナギヒロさん、こんにちは、お久しぶりです。
記事はずっと読ませてもらっています。なかなかコメントするタイミングがなかったのですが、いろいろな感想をまとめて長文で申し訳ないですが、コメントしてみたいと思います。



1 膝のケガについて
野球などで肘の軟骨が遊離する怪我で有名な『ねずみ』と言う症状ではないでしょうか。「関節ネズミ」=「関節内遊離体」と言われるもののように思います。ネットで調べると真偽は分かりませんが、1時間程度の除去手術をすると痛みは消失し、また普通に運動できるという記述が見られます。



2 精神医療というものについて
僕は現在は普通に仕事をしていますが、一ヶ月半に一度くらいの頻度で精神科にもう約10年通院しています。正常な生活は送れていますが、遺伝的にも重度の障害があり、服用を続けなければ病気の進行で自死すると思われます。障害者認定(手帳など)は、仕事の都合上受けていませんが、障害者自立支援という制度の適用(『重度かつ継続』した精神病の罹患を診断書で証明し役所に提出すると適用される)を受け、支払いは1割負担となっています。

僕は3箇所の精神科に通院した経験がありますが、精神科医にはまったく期待していません。ただ、薬を貰いに行っているだけです。3度の症状の発症があり、それに合わせ3度の地獄に堕ちました。一家心中も真剣に考えました。それらは、病気の症状に過ぎなかったと思います。1回目の発症は仕方ないとしてもそれ以後の2回の発症は医者の責任だと思っています。病気の本質を見抜けず、かつ、薬の選択を誤ったと思います。でも医者の責任を問うことは実質不可能であり、僕の人生は大きく変動しました。結局、医者が頼りにならないことから、自分で病気の勉強をして、薬の副作用と効用を調べ、現在の落ち着いた状況になるまで、薬の選択と量の増加を自分で主張し、自分で適切な処方に辿り着いた感じです。

だから、僕は医者には薬の受取りに行くだけです。会話も「大丈夫です」などで済ませ、雑談も含め『30秒』で診察は終わります。
僕は、服用が生涯必要な病気なので、仕方なく服用しています。薬がアマゾンで配達でもされれば、精神科に通院する必要はないと思っています。何かを相談することもないですし、薬をもらうために白衣ロボットに会いに行っているだけです。「この患者の病気を治して人生から外れないようにしたい」というような熱意がある精神科医に出会ったことはありません。

ですから、ナギヒロさんが精神科や心療内科で出会った医者が「おかしい」のは当然かなと思います。医者の中でも「手術はしたくない、内科は幅広く勉強が大変だ」という人で、かつ「僕はどこか変だ、だからもっとおかしな人たちを見て『自分のために』精神医療を選択しよう」という人が精神科医になるような気がします。実際、医者で精神科医を選択する人は身内の精神病などを何とかしたいという青年期の特別な思いがある人以外はカスの集まりかなと僕は偏見で思っています。

ナギヒロさんは、頭痛と不眠について書いていたので参考まで効いたクスリの情報を書きます。
頭痛

クリアミン配合錠A⇒頭が痛い時に時間に関係なく飲む⇒頭がズキズキし、締め付けられるような苦痛に効いた
不眠

土日など翌日が休日ならユーロジンが効いたが、現在は飲んでいないし、次の日の夕方くらいまで寝続けた⇒精神安定剤も睡眠導入に利用されるので、デゾラムやセパゾンを現在は毎日服用している。僕の場合は、安定した睡眠がないと再発に近付くので。ただ、仕事上、夜勤での徹夜は頻繁にあります。薬はメーカーによって似た構造でも名前が全く異なるのでネットで調べると分かりやすいです。 


3 虐待後遺症と精神病の相違について
ナギヒロさんのブログをずっと見ていて、『虐待後遺症』と『精神病』はまったく違うな~と感じています。

僕は、全く孤立した暴力的で孤独な少年期・青年期を過ごしましたが、性格の変化を求め、大学時代の行動により、それらを克服しました。しかし、家系的な病気の発症により、それを何度も失いました。だから、さらに会話の本質を求め、僕のブログに自分の思考を刻みました。だけど病気が治まり、安定すると、昔克服して失ってしまったはずの会話が、克服できた時期の状態に戻りました。ですから、今は、職場でも、子供の親相手の会話でもまったく違和感なくこなせています。なので、僕のブログでの会話の追及は思考を刻んだうえで、到達点に達し、それ以上の思考は必要なくなり、現在はブログの読み手に専念しています。

僕は、自分の会話への克服欲求はもともととても強いと感じています。しかしながら、ネット上の情報や市販本などは、自己啓発にすぎなかったり、当たり前の内容だったり、得るものの少なさにうんざりしてきました。

ブログは無数にあるので、あくまで僕の主観ですが、僕のブログと同じレベルで、もしくはそれ以上のレベルで、ナギヒロさんほど、「会話の克服、または会話能力を欠いた生き方」を真剣に模索しているブログはないと感じています。


ナギヒロさんのブログ記事を読んでいると、ぽつぽつと真剣に意見を書き、思考を書いている姿が目に浮かびます。つまり、ブログを読む限りでは、とてもしっかりした大人の男性だなと思います。

ナギヒロさんの過去記事を一部引用しますが、これらのことを他人に言われるのか~と思うととても不思議です。

>「君は周りと上手くやれないねえ」
>「もっと積極的に皆とコミュニケーション取らないと」
>と指摘されてしまう。

> とにかく会社でのプレッシャーが凄く、
>頭がちぎれそうな思いでした。
>夜は毎日冷汗で目覚めます。

>・周りから完全に孤立し、休憩は一人が当たり前
>・「こんなことも分からんのか!」
> 「コミュニケーションの取り方がオカシイよね」
> 「会話が成り立たないけど、耳って正常なの?」
>・・・などと指摘されている事。


以上のことを面と向かって言う人間はちょっとおかしいと思いますが、『虐待後遺症』の根深さがここにあるのだと思います。

僕の少年期・青年期・病気の発症時期の経験と照らし合わせるのも違うような気がしますが、

根本は『話すべきコトバが頭に浮かばない』
という点にあるのではないでしょうか?
これはとても難しいことだと思います。
『虐待』が生まれた時から青年期までの長い期間、マイナスの貯金のように蓄積されていけば、「言いたいことを言えない」「言葉を出せない」「他人との関係を開始できない」...となっていくのだろうと感じます。以前からこのことが気になっていたので何の解決にもなりませんが、コメントしておきたいと思いました。僕も上記のことで悩んではいましたが、家庭内では問題なく話せて、家庭外の人との会話ができませんでした。そして、克服によって家庭外の人とも話せるようになりました。違いを感じます。



4 今回の記事について
ナギヒロさんの運動歴などは興味深く読ませてもらいました。
空手部で同期を殴ったのは僕的には良いですね。殴ってきた先輩も殴って良いですね。僕も柔道・ボクシング・極真空手・総合と経験していますが、ナギヒロさんは運が悪いですね。極真空手の師範もキックボクシングの会長も頭がおかしいですよ。まあ、格闘技を教える人におかしな人は多いですけど。格闘技すべてにおいて
   一番大切なものは、「折れない心、逃げない気持ち」

であり、それと同時に礼儀を身に付け、護身としては「危険な場所に近付かないとか、負けそうな時は走って逃げたり、110番通報したり」して最悪の事態から脱出する判断力をつけることだと思います。

極真空手の大会に出ていたら凄い結果が出せるようになっていたかもしれませんね。残念!

ナギヒロさん、お久しぶりです。以前劇団や音楽についてやりとりさせて頂いていたさぴです。覚えていてくれていたらうれしいです。♪
ときどきブログを見ていたのですが、いつもものすごい長文のメッセージをしたくなるので頭の中を整理していたらタイミングを逃し、、を繰り返していました。
膝の調子はいかがですか?少しでもお力になれたらと思うので、もしよろしければもう少し詳しく症状についてお聞かせ願えればと思います。
わたしの方はあれからたくさんの変化があり、勝手にナギヒロさんに話したくていろんなことを伝えたくて、うずうずしてしまっております。笑

続けて失礼いたします。
それから、今後お仕事をどうされるかについてもとても気になっているのですが、なにか決まったり変化があったりなどはありましたか?
勝手な個人的な考えですが、やめてみることをオススメします。
今はいろんな生き方が存在するし、いろんな環境、世界がありますから、苦しすぎる場所で耐え続けなくても大丈夫です。
それからナギヒロさんはクリエイターとパイオニアの素質があると勝手に感じているので、一般社会からすこし距離を置いて、ご自分の求める環境を創っていくことにエネルギーを投資していってほしいなとおもいます。
強引にごめんなさい。でもよく感じているので。。

こんにちわ、スティルライフさん。

 お久しぶりですね、元気にしてましたか?
僕の方はあいにくの状況です。
記事について読んで頂いていた事は光栄に思います。

 
 スティルライフさんの言われるように、
今回の膝の痛みは「関節ねずみ」もしくは「離断性骨軟骨炎」
かと予想しています。この双方ともに、症状としては、
膝に何か挟まっているのうな感じがあるようです。
 まだ症状としては初期なので何とも言えないですが、
どんどん悪化するようなら手術せざるを得ないと思います。

「また悪化したら病院に来てください」
で前回の診療は終わりました。
ただ、自分の病名を分からずにいるのもマヌケな話なので、
医師と話し合う為にもう一度月曜日に予約はしました。



精神科に行く頻度は少ないにしても、約10年の通院となると大変ですね。
仕事の都合上、無理な事はありますね。
 スティルライフさんは、医師による精神的なサポートは
全く期待していないのですね。確かにそれが賢明だと思います。
医療分野の中でも精神科は証拠が残りにくいとも言えるので、
医師の責任を問う事は難しいと思います。
医師の側に、それに対する備えがされているとも思っています。
 
 スティルライフさんの言われるように、
自分の服用する薬については、自分で作用と副作用を調べて、
それが自分に適しているのか?を確認すべきだと思っています。
医師の言いなりになって、
人生を潰した人間も多数いると思っています。
 現状では精神病薬をアマゾンで購入出来ないので、
そうした割り切った付き合い方が良いかもしれませんね。
 
 精神医療分野は低レベルだと思います。
そう思う理由は単純で、顧客満足度が低いからです。
精神科医には向上心を持って欲しいと思います。
今日より明日へという思いです。

薬については極力飲まない主義なのですが、
また酷い時にはスティルライフさんの情報を元に
考えたいと思います。
色々と教えて頂きありがとうございます。


 スティルライフさんの書かれたように、
「会話の克服、または会話能力を欠いた生き方」
については誰よりも真剣に考えて来たつもりなので、
そう言ってもらえると助かります。


 僕が他人から攻撃的な言動を受ける点についてですが、
残念ながら僕には人に対する怯えがあります。
父親から良く言われたのが「オドオドして気持ち悪い」
という事でしたが、その部分が今も残っています。
それ故に「なめられている」という事です。
 ただ、僕の場合はあるラインを超えた人間に対しては
厳しくなる面があり、もうすこし言うなら、このラインを
超えた人間は絶対に許さないと思う面があり、
「オドオドした人間」でありながら普通の人よりも
「怒る人間」であったりもします。
 実際、僕が殴った同期は次の日から、
僕と目を合わせる事はありませんでした。
前日まで僕を散々「舐めていた」人間ですが。
周りの人間も態度を一変させました。
 欲を言えば、怒りを小出しに出来ると良いとは思いますが。

 僕の仮説に過ぎませんが、
虐待を受けた人の場合、怒りにしても、喜びにしても、
いずれの感情も表現する事が遅れる気がしています。
感情を共にする経験を幼少期にしていないので、
人との距離がいつまで経っても縮まらない感じです。
この辺は、言い訳だと言われやすいですが。


 格闘技については、
とにかく試合に出して欲しかったという思いが残っています。
試合に負けてから「君は仲間をつくりなさい」
で良かったと思います。
門前払いは心のしこりを残すだけです。
 

 色々と情報提供や思いを語ってくださり、
ありがとうございます。
   
 

こんにちわ、さぴさん。

本当に久しぶりですね。
劇団への挑戦などが印象に残っています。
最近も劇団は続けてますか?
劇団で自分を表現する事は大変良い挑戦だと思います。
それとも今は違う事をされていますか?

 ときどきブログを見てくれていたのですね。ありがとうございます。
メッセージについては気が向いた時に適当に貰えればと思います。
僕も適当にしか返せませんので。

 膝の調子は残念ながら悪いです。
はっきりと分からないのですが、
「関節ねずみ」もしくは「離断性骨軟骨炎」
かと自己判断しています。
 自分の事なのに分からないでは情けないので、
明後日の月曜にもう一度先生に病名を聞きに行きます。
電話では病名を教えて貰えなかったので。

そうでしたか、
さぴさんの方では色々な変化があったのですね。
それは良い方の変化ですか?悪い方ですか?
また聞かせて頂ければと思います。


 実を言うと、
来週の火曜日にタクシー会社の説明会に予約しています。
説明会の予約をしてから膝の診断が下ったので、
色々と迷走しています。
 膝の問題が無ければ、全く問題なく転職活動でしたが、
今は迷っています。ただ説明会には参加予定です。

 ありがとうございます。
僕としても、今の不適な場所にこだわるより、
他の場所を探そうと考えていました。
職を転々とする事は世間一般ではバッシングの対象ですが。

 クリエイターとパイオニアですか?
それは凄い素質ですね。
「僕なんかが・・・」という恐れ多い気持ちもあります。
しかし確かに僕は、
「新しい道を切り開く人間になりたい」という気持ちもあります。

非常に嬉しい言葉をありがとうございます。
また訪問して頂ければ嬉しく思います。

応援しています

香菜子です。ご自身の意思で走っていればそれだけで立派なランナーだと思います、タイムはただの結果です。でも過去の空手やキックボクシングの先生、ひどいですね。その人のこれまでの人生や経験も理解せずにコミュニケーションが苦手だから試合に出さないなんて。傍若無人で傲慢高飛車、上から目線の態度です。精神科医の先生は私も同じ印象です、ただ機械的にお薬を処方しているだけに思えます。香菜子

こんにちわ、香菜子さん。

 応援ありがとうございます。
今の所は、左膝の調子が良くならないので、
何とか良くなる事を期待する日々です。

 空手やキックボクシングでは本当に真剣にやりたかったです。
ただ、そういう世界でもコミュニケーションを理由に除外されてしまう事に絶望を感じました。 たぶん、そういう先生は、ヤンキーとかお調子者みたいな元気な生徒が好きなのでしょうね。

 精神科医にはあまり期待せず、薬を必要とする人が、
ただ単に薬を貰いに行けば良いのかもしれませんね。
プロフィール

ナギヒロ

Author:ナギヒロ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア