ヤバイかも、タクシードライバーへの道

 現在、僕はタクシードライバーになる為、
研修中の日々です。

 最近は、「横乗り指導」という研修を受けています。
横乗り指導とは、先輩社員が助手席に乗り、新人が運転し、
実際にお客様に乗車して頂き、
指導を仰ぐものです。

 昨日は、横乗り指導の日でした。
接客に不安あり、
地理が分からない、
無線やメーターなどが分からない
・・・などの不安要素が残ったままでしたが、
気合を入れて街に出ました。

 シドロモドロでしたが、
お客様に5組程乗って頂きました。
ギクシャクはしていましたが、
回数を重ねて成長したいと思っていました。

 お客様が降りて、空車で走行中でした。
夜になり雨が降り始めました。
4車線ある道路で右にカーブする所で、
僕はウインカーも出さずに隣車線に移動してしまいました。

先輩:「おい、何をやっとるんだ!止まれ!」
僕:「はい。停車します」
先輩:「今、車線をまたいだろ!」
僕:「はい。車線を一瞬見失いました」
先輩:「バカヤロー、見失っただ!」
僕:「すみません。道が良く見えなかったです」
先輩:「おい、何を言い訳しとるんだ」
僕:「はい。僕のミスです」
先輩:「有り得んだろ、車線をまたぐなんて。
    運転適性検査からやり直すか?」
僕:「僕の不注意でした。これから気を付けます」
先輩:「もういい。運転は無理だ」
僕:「えっ?」
先輩:「俺が運転するから席替われ」
僕:「・・・。分かりました」
 こうして、この日の僕の運転は終了してしまいました。

 この「横乗り指導」で多くの経験を積んでおく事が、
一人立ちする為に最重要なのですが、
途中で終了してしまいました。
 
 先輩が運転席に移ってからは、
僕は助手席で見ているだけでした。
僕:「後でもう一度運転させてください」
 と僕が懇願すると、
先輩:「ああ、後でな」
 と言われましたが、結局は後で予約客が入ってしまい、
新人は運転出来ないという理由で、僕は運転出来ませんでした。


 午前4時頃、一日が終わり営業所に戻ると、
沢山のドライバーが事務所にいました。
他のドライバー:「何だ?新人に運転させてないのか?」
         と聞かれると、
先輩:「ああ、やらかしたんだ。車線をまたいだんだ。
    だから、途中から俺が運転した。
    接客もイマイチだったしな」
    と言われました。
僕:「はい。すみません」
  としか言えませんでした。
 その後も、色々な人に対して僕の事を悪く伝えていました。

 元々僕は、そこの事務所で孤立していましたが、
その孤立が完全に際立ちました。
久々に地獄の空間を経験しました。

 確かにウインカーを出さずに車線を越えてしまった事は、
プロのタクシードライバーとしてはあってはならない事だけど、
それ以降一切の運転を禁止された事は、
僕には耐えがたい屈辱でした。    

 ただ、まだ敗北宣言はしません。
「お前ら、見てろよ!」
の気持ちで頑張りたいと思います。
スポンサーサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

 ナギヒロさん、こんばんは。byhです。

 この、横乗り指導というのは、ずっと同じ先輩が指導するものですか?それとも、色んな先輩が担当するのでしょうか?

 お客様を安全に目的地にお連れするというお仕事なので、厳しくならざるを得ないのでしょうが、このブログで出てきた先輩の指導の仕方は、なかなか手強いですね。

 その先輩にだって、新人時代があって、おそらく失敗ゼロで今までやってきたとは思えないですが...。

 他のドライバーさん達にわざわざ言いふらすやり口も、どうかと思いますね。

 読みながら、心配でしたが、さすがナギヒロさん!
最後の3行を読んで『ナギヒロさんらしいなあ』と思いました。

 仲間のひとりとして、応援していますが、できるだけonとoffの切り替えをして、休めるときには休みながらやっていけるといいですね。

運転とか

ナギヒロさん、こんにちは ご無沙汰しています。

職業としての運転について思うところを書いてみます。
僕の職業世界での運転は、ナギヒロさんには想像してもらえれば何となく理解してもらえるような気がします。二種免許はもっていませんが、大型で人を乗せることもあれば、普通車でも一般人とは次元の異なる運転をしています。

昔、よく母親が「タクシー運転手は運転がうまい」と言っていましたが、現在の僕からすると、「タクシー運転手は運転が荒く、運転が下手な人間が多い」と思っています。
もちろん個人差はあるので、丁寧で上手い人もいるでしょう。

話を記事に戻すと、ウインカーの出し忘れ・速度超過・急ブレーキなどは職業ドライバーではあり得ないことで、先輩が激怒するのも仕方ないと思います。その先輩がどういう意図で怒ったのかは不明ですが、僕でも停車させて怒鳴ると思います。

停車させる意図としては、
・隣で怒鳴りながら運転させると事故につながるから
であり、怒鳴る理由としては、
・ウインカーの出し忘れは、危険であり重要な基本である
・ウインカーの出し忘れは、事故時の過失割合に不利になる
等から、厳しく注意しておく必要があると思います。

ナギヒロさんの今回の件は、決定的にまずい発言が2箇所あります。
①「ウインカーの出し忘れ」と先輩は捉えたと思いますし、僕でも後輩を指導する際は今回のミスをそう捉えると思うのですが、
「車線を一瞬見失いました」
という発言は結構恐ろしいことです。日常の運転ならあり得ますが、業務として実施している運転では「こいつ、色覚に問題があるのか?動体視力に異常があるのか?」と適性を疑わせる発言になります。だから先輩は「運転適性検査からやりなおすか?」と言ったと思います。
②「車線を一瞬見失いました」
これは、上記に「火に油をそそぐ」発言になっています。車線を見失う人間に職業ドライバーはできません。

厳しい意見を書かせてもらいましたが、実際に車線を雨の日に路面の反射で見失うことがあっても、車線のまたぎについては「すいません、ウインカーを出し忘れました」と言うべきだと思います。この発言の差異が先輩を激怒させたように思います。ここを優しく注意ですませる人ももちろんいます。ただ、僕だったら今後退職まで続く職業ドライバーとして危機意識を高めるために今回の件であれば、厳しく怒ると思います。

それ以後の事務所での先輩の行動についてはよく分かりません。ただ、「接客もイマイチだったしな」という発言は悪くないと感じます。接客は、大体みんな最初はイマイチでしょうし、本当に酷ければ「接客も最悪だ」と言っていると思います。


失礼なコメントになっているかも知れないのですいません。
無線やメーターに自然体で馴染むのには約6ヵ月はかかると思います。地理をメイン通りから覚えて裏道まで覚えるのはとても難しいです。範囲も広いですから、高速や国道の主要道路を中心に覚えるのに約1年、裏通りを何となく分かるのに約1年はかかるでしょう。僕は、休日に自家用車で大きなお店や観光名所、小・中・高・大学といった学校を目印にあちこち、買い物などの自分の用事を組み合わせてぐるぐると毎週廻っていました。
機械類と地理的な不安はこれくらいのスパンで解決するものだと思いますので、慣れと経験と時間に解決してもらうしかないです。


最後に参考にもならないかもしれないですが、運転のコツを書きます。

・ブレーキは、乗車している人間に一切の負担を掛けないように「ジワー」とゆっくりかけていき、止まりたい地点で止まれるようにする。
・速度を一定に保つには、アクセルとブレーキを交互に使って速度を安定させるのではなく、アクセルの丁度良い踏込位置で足を固定して速度を一定に保つ。
・お客乗車中には絶対に交通違反をしない。お客が交通違反を目撃している以上、絶対に警察が見逃すことはないし、違反処理に約10分はかかるので乗客も怒り出す。
・車は「停止線」で止める癖をつける。
・ウインカーは右左折箇所の約30メートル手前であげる癖をつける。これは、後続車両の追突を防ぐため。
・車線変更は危険である。なので、後方の安全を充分確認する。
・バックは危険である。なので、「バックは最小限」にする。
・交差点の右左折は危険である。なので、速度を落とし、歩行者・特にスピードの速い突然やってくる自転車に気をつける。対向車両の死角のバイク、原付を想定しておく。左折時の左後方の自転車とバイクは特に危険。右折時の対抗車両死角のバイクと右後方からの自転車は特に危険。
・狭い道路では、子供の飛び出し、自転車の飛び出しにいつでも対応できる速度でしか走らない。
(・練習中にやると怒られると思いますが、僕はアクセルを右足、ブレーキを左足で踏み込みます。アクセルとブレーキの踏み間違えがないですし、いつでもブレーキを掛けれるので安心できます。左足でブレーキを踏む感覚は自家用車で練習して数日でマスターできます。ただし、初日はガクンと急ブレーキを繰り返したりしますので、練習するなら車通りの少ないところでしないと危険です。)


タクシードライバーのお仕事頑張ってください。5組の客を乗せたんですね。50組、100組と乗せる回数が伸びると自信に変わっていきそうです。もしかしたら、『雑談の練習にもなる仕事』かもしれませんね。いろいろな人と出会う一期一会の仕事ですね。

人間関係苦手、雑談嫌いなんでしょ。
他人を乗せることに不安があって当然だわ。注意力やハンドル操作に影響が出ているのかも。
強い発言はナギヒロさんに酷かもしれませんが、事故を起こす前に辞めたほうが、、、、
悪循環から抜け出せないのねー。

わたしはカウンセラーになりたく、勉強の身。

No title

教える人が周りの人に失敗等を言って回る
自分も経験あります
これやられると周りへの印象が悪くなってしまうんですよね。
教える人が優しければな、と思ってしまいます。

こんばんわ、byhさん。

 横乗り指導は3回ありまして、それぞれ別の先輩が指導する事になっています。今回の記事は2回目の時の事でした。

 確かにお客様を乗せて目的地へと向かう仕事なので、
安全運転には細心の注意が必要ですね。

 その先輩は今まで幾つかの事故の事例を知っていただけに
厳しくならざるを得なかったのかもしれません。

 ただ、他のドライバーへ言いふらすやり方は疑問が残りました。
そのやり方については残念に思いました。

 ありがとうございます。
まだまだ諦めずに頑張りたいと思います。

 そうですね、onとoffの切り替えをしっかりと取り、
安全を最優先に頑張りたいと思います。

 byhさんも体調を崩さぬよう気を付けてください。

こんばんわ、スティルさん。

 今回、スティルさんが言われた通りで、
お客様に乗車して頂く仕事をする者として、
ウインカーの出し忘れ・速度超過・急ブレーキなどは
絶対にあってはならない事だと思います。
 それを行った僕は厳しい指導を受けるのは当然だったと
納得していますし、今後は繰り返さぬよう肝に銘じています。

 敢えて苦言を呈して下さったスティルさんのコメントは
大変ありがたく思っています。

スティルさんの仕事内容を詳細まで知らないのですが、
かなりシビアに取り組まれているのは分かります。
僕も今日は休日でしたが、
夕方まで色々な場所を自家用車で回っていました。

 運転について色々とアドバイスを頂き、ありがとうございます。
かなり的を得た内容だと思います。
・ブレーキを頻繁に使うより、アクセルの加減で 
・いつ発進したのか?いつ止まったのか?が分からぬような
 緩やかな発進と停止
・後続車を考えたウインカー
・右折左折では徐行する。後方確認など視野を広く。
・左足でブレーキを踏むドライバーは確かにいます。
 その人は運転が上手かったです。
 
タクシーの仕事は運転もそうですが、接客業でもあるので、
「雑談」を強く意識している部分があります。色々な経験を積みたいと思っています。

 寒くなって来ましたので、風邪を引かぬよう気を付けてください。


こんばんわ、ナギヒロの姉さん。

 今回は珍しく優しいコメントですね。
言われるように、人間関係や雑談が苦手です。
そうした中で精神の揺れがあると自覚したら、
タクシーの仕事を辞めるしかないと思っています。

お客様に怪我をさせる事は絶対にあってはならないので。

カウンセラーとは難しい仕事に挑戦してますね。
勉強は順調ですか?


No title

こんばんわ、むぼうびさん。

 指導者が後輩の失敗を言って回る
って行為は、流石にダメだと思いますね。
 あれから僕の印象は悪くなっていると思います。
もしも集団で僕を追い込む状況になれば、
戦う準備も必要だと思っています。

 寒くなって来たので、風邪には注意してください。

No title

自分も同乗研修しましたがー

左折指示を、右折と勘違いして3回、繰り返したら

「殺されるのでもういい」

と、降ろされました。


ほとんど、同乗研修、ないままの本勤務だったので

かなり、緊張しました。

乗せたくないので、回送で走ってたら帰庫後、

かなり、怒られたりしましたが、

嫌な思いをして、、乗せたくないという、

のが先行してしまいました、、


でも、初日から3万超えは素晴らしいですね!!

自分なんか、1万にも届きませんでした。

最近は、破れかぶれでのせてるので、

なんとか、上がってきました~

こんにちわ、奥崎さん。

 左折と右折を勘違いしたんですね。
隣にベテラン社員がいてパニックになったのでしょうか?
横乗り研修でやらしてもらえないと、
新人にとっては辛いですね。

「俺が運転するから代われ」
と言って新人に運転をさせないベテランは、
新人の事を考えてないと思います。
 自分で運転をした方が、
その日の売上げも上がりますからね。

 乗せたくないので回送という気持ちは
痛い程分かります。
誰も通らないような田舎をずっと走ったりしました。
初日から3万円は、自分でも良くやったと思います。
今でも3万円の日があるので。
酷い日は1万円チョイの時もありました。

 ただ、交通事故には一番気を付けたいですね。

No title

ありがとうございます。


まさに、その通りです。

完全にパニックになりました!!


威圧感がすごく、アクセル踏みこめ!!

とか、確認が遅いとか!

丁寧すぎるんだよ!!


とか、言われ、パニック状態になりました。


冷静さがないとほんと、

厳しいなと、実感しました~~


でも、今までの確認しすぎる運転を

再確認できて、勉強になりました。


帰庫して、感情的になりすぎてごめん。

と、言われて、また、混乱しました。

こんにちわ、奥崎さん。


 ベテランが横に乗っての運転なら、
パニックにもなりますね。
 ただ、タクシードライバーとしてお客様に乗車してもらう
以上は、常に冷静な運転が求められますね。

 僕の営業所でも事故が多発しています。
実際の映像なんかも見たりします。
3日ほど前に、同じ営業所の人が、若い女性をはねました。

とにかく、安全運転を第一に頑張りましょう。

プロフィール

ナギヒロ

Author:ナギヒロ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア