「ある虐待関係の本」---これほど期待した事はない

みなさん、心身ともに健康にお過ごしでしょうか?

最近、
「新編 日本一醜い親への手紙」の出版される
可能性が高まっています。

20年ほど前に、
「日本一醜い親への手紙」
を僕は手にし、読んだ。
それは衝撃だった。
「こんなことを本にして良いのか?」
というのが僕の正直な感想だった。

ただ僕は、
「ああ良かった。この本に出会えて」
と安堵した事も覚えている。

「親に感謝すべき」
という道徳観には相当追い詰められていた。
「僕は悪人なのか?僕はクズなのか?」
そんな事をいつも自問自答していた。
「親を憎んでいる僕は自死すべきでは?」
とも考えていた。

その本に書かれていた内容は、
まさしく「醜い手紙」だった。
ただ、その醜さが僕を救った。
「綺麗な手紙」や「立派な手紙」では、
僕を救う事はなかっただろう。

あれから20年近くが経過し、
僕はブログを書いている。
ブログの主旨は、
「世間で認められない根暗な内容」
を書いて行こうというものだ。
それは、
あの時の「日本一醜い親への手紙」にも
少なからず影響を受けていると思う。

これまで書いたように、
「日本一醜い親への手紙」
は世間で流れる綺麗事とは一線を画す。

そこで、
また新たに
「新編 日本一醜い手紙」
が出版予定となっています。
この本を出版する事は大変な事だと思います。
その大仕事であり、
大きな戦いを挑まれている「今一生さん」には
敬意を表します。

「今一生さん」の出版に挑む姿勢を知りたい方は是非、
↓のリンク先を見て下さい。
「今一生のブログ」

スポンサーサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナギヒロ

Author:ナギヒロ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア