精神科って、何をする所ですか?

「精神科とは、心に悩みのある人を助ける場所」

僕はそんな風に思ってました。
でも実際に通院してみて、多くの違和感を持ちました。

「なぜ君はちゃんと薬を飲まないんだ!」
「副作用?変な噂を信用してるんだな、君は」
・・・など、僕が精神科で言われた言葉です。


売上至上主義の精神科医は、保険点数を稼ぐため、
薬の種類や量を出来る限り多くする方針を持ち、
多くの患者を薬漬けにしています。

その結果、
少し休養すれば治っていたはずの人たちが、
精神病患者として病名がつけられ、
大量な向精神薬で脳内を薬漬けにされ、
副作用との戦いの療養生活が始まっているのです。

精神科に行ったせいで酷くなる人が多数いる事も知りました。
それは患者の思いより、
医師、看護師などの思いを優先させたからだと思います。

多くの薬を与えて、精神科医が儲ける。
多くの患者を抱えての売り上げ確保。
危険人物を預かる事もあるけれど、身体拘束すれば良い。

精神科って、何をする所ですか?

スポンサーサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

精神科は心を癒すところかと私も以前は思っていましたが、

単に症状を話して薬を処方してもらうだけの場所って思ってます

No title

こんにちは。

私も重症でない人にとっては薬を処方されるだけのところと思ってます。行けば適当に病名をつけられてしまいます。

ずっとデパスを飲んでいますが依存でやめられないです。少しずつ減らしていこうと思います。薬は頓服程度にしておくのが良いですね。

最近の若い医師の中には薬は最低量しか処方しない人もいますね。依存性の高いデパスをたくさん処方しないように国から通知が来ているとのことです。

こんにちわ、haruさん。

 「心を癒す所」であって欲しかったのですが、
どうも違う感じですね。
 精神病院やメンタルクリニックに行き始めの頃は、
強烈な違和感を持ちました。

 haruさんの言われるように、
薬を処方してもらうだけの場所と考えた方が
納得できそうです。

こんにちわ、棒さん。

 精神科やメンタルクリニックは、
行けば何らかの病名を付けられてしまいますね。
診断が医者の自己流な所も多いようです。
それだけに、患者側にも医者を見る目が必要ですね。

 デパスは不安を改善したり、リラックス効果があったりと
良い面もあるようですが、ふらつきや依存性が高いなどの
副作用には気を付けたいですね。

 精神科医には、
患者の幸せを願う気持ちを持って欲しいです。 



良し悪しの判断が一番難しい…

お初です。少し前から拝見していましたが、患者の意向を汲まない医師のようで残念です。
どのようなスタンスで患者と向き合うかというのは病院によって本当に千差万別かと感じます。

自分の通う病院の場合、軽症の場合は特に最低限の補助というスタンスです。
診察と心理士のカウンセリングで乗り越えられそうならそれで終わります。
症状によっては一ヶ月程度様子を見てから薬を出してくれた場合もありますが、
少量試した上で自律神経検査や血液検査など慎重に見極めた上で最終的な量を決めたり、場合によっては使わない方針にしています。

足の具合が悪い時は杖を使ったり、雨が降っていれば傘を使いますが和らげる手助けを主として前に進むのはあくまで患者さんという方針は個人的に好印象でした。

精神科医って治療の症例とか手掛けた手術の事例とか外部から本当に判断出来ないので、時間はかかっても相性の良いところを探すのが良いかと思います。

自分の場合は第三者の意見も良かったことから運が良かったと思いますが、ナギヒロさんも良い医師に出会えるように願っています。

No title

はじめまして、 Mizatさん。

 精神科などは、病院の医師それぞれで
治療方法が大きく異なるようですね。 

 Mizatさんの通院されている病院の先生はまだ若いのでしょうか?
 最低限の補助というスタンスは良いと思います。特に、
診察と心理士のカウンセリングで終わるというのは理想だと
思います。

僕が精神科医に要求したのは、
「薬はなしで、カウンセリングを主にした治療」
でしたが、医師には反対されました。

 少量試した上での自律神経検査、血液検査などは
聞いた事も無かったです。
Mizatさんの通う所は、かなり進んだ精神科だと思います。
下調べをした上で、そちらの精神科に通われたのでしょうか?

 色々と調べてから行くのが大切ですね。
ありがとうございます。



得て不得手が…

こんばんは。
自分の主治医の先生は60代で年配の落ち着いた感じの人です。
NGと思われる考えであっても、「何故そう考えましたか?」
「~というように割り切ってもいいですよ。」
「ただ、そういうことはあるかもしれませんね。」
…多少否定するにしても、こんな感じでやんわりとした言い方です。

あなたはどうしたいですか?という考えは持ってくれてますので…
自分でこうしたいという意志があったり、
自らゴールを設定出来るような患者さんには良い先生と言えそうです。
自分の場合もその上で安心出来る土台を作って次のステップへ進みましょうという方針を立ててくれました。

反面、自分を完全に見失ってどうしてよいか分からない。助けて欲しいという患者さんからすると評価は良くないかもしれませんね。
薬も基本的には減らす方向で考える先生なことから評価は割れる気がします。

決めたきっかけはどこだったか忘れてしまったんですが、
地域の医療機関紹介冊子を目にしたのを覚えています。

具体的にクリニックの紹介がされていて、患者の内訳なども
~症の人が4割、~症圏の人が3割などと
何となく力を入れている分野が想像できたこと。

あとは認知療法を学ぶ患者会、家族会、就労支援など
一通り治療と共に進めたいプログラムが揃っていた事も決め手になりました。

先で述べた第三者の意見が良かったというのは通い始めた後に知ったことで…
心理士の人が常駐しているハローワークで心理カウンセリングを受けた時に自分は実は精神科にかかっていると病院と先生のこと告げました。
返ってきた答えが、しっかりした方針を持っているところで
患者さんの孤立を防ぐ為に地域での包括的な提携や活動も盛んにしているから治療をしっかり続けて下さいとのことでした。

精神科といっても色んな症状で来る人がいるので、得手不得手はどうしてもあると思います。
それを知る方法があれば一番ベストかと思うんですが、それが難しいです。
プロフィール

ナギヒロ

Author:ナギヒロ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア