友達は欲しいけど・・・(1)

 新しいクラスまたは、会社に入った時。
休憩時間になると、それぞれがグループで談笑している。

「話し掛けなきゃ」って思っても、足がすくんで後ずさり。
または、
勇気を振り絞って「こんにちわ」と話し掛けてはみたけれど、
どうにも仲良くなれない。
そんな経験はありますか?

 僕はそんな経験を100回、いや、1000回か5000回か?
とにかく数えきれないほどして来た。

 今回は、『友達は欲しいけど・・・』というタイトルで、
数回に渡り、その時に感じた自分の気持ちを、
自己流で分析してみようと思います。

 続きは後日書こうと思います。
スポンサーサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

私は、積極的に話し掛けることができるときと、徹底的に凍ってしまうときがはっきりしています(自覚ですが)。
そこがやはり双極性なのかな、と。

どちらにせよ、自分が「合わない」「浮いている」と直感したら、そこで全てを諦めてしまう癖があるので、もう少しオトナにならないと、と思っています...
でも、できないものはできないですもん。

はじめまして。鍵コメさん。

 
 色々な場所に行って、いつもそうだった。
ってのは辛かったですね。
 その場所を聞けなくて失敗は思春期だったなら、
凄く恥ずかしい思いをしたのかもしれませんね。

 今でも直ってない人が多いと思います。
なぜだろう?って思います。

 

こんばんわ。Bipolarさん。

 Bipolarさんは、両極端な所があるんですね。
話しかける相手によるのかな?

 僕の場合は、積極的に話し掛けていた時もありましたが、
「話しかけなきゃ人生変わらないぞ」と自分を追い詰めた上
で無理矢理話しかけていました。

 「合わない」とか「浮いている」って感じたら、気持ちが
落ちてしまっているし、難しいんじゃないかな?と思います。

 できないものはできない。ですよね。
でも、悩むんですよね。
プロフィール

ナギヒロ

Author:ナギヒロ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア